テーブルの真ん中

miisuke08.exblog.jp

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スペイン料理でようこそ♪

先週末はOさん達が、我が家へ遊びに来てくれました。

新婚旅行のスペインで出会ったから十数年。
一年に1,2度会えるペースでずっとお付き合いさせて頂いています^^

我が家へは2度目。
初めてのときは、和食だったのですが、
今回は、なつかしのスペイン料理にしました。


Oさん夫婦とヒデの会話にちょいちょい入りながら、
キッチンで準備をしました。

パエリアが出来上がったら、アツアツの海老のアヒージョを作って即テーブルへ。

ワインを開けて、宴の始まり、始まり~♪


d0145094_10205894.jpg


ミックスパエリアは、ムール貝の美味しいエキスがいっぱいのスープで炊いたので、
とっても美味しく出来上がりました。

d0145094_10244281.jpg


定番の海老のアヒージョ。
バゲットを付けながらいただきます^^

d0145094_10262264.jpg


マッシュルームの詰め物。
刻んだマッシュルームや生ハムなどを詰めました。

これ、好評だったな♪

じゃがいものトルティージャは、
縁が綺麗に仕上がらなかった^^;

d0145094_10272335.jpg


そして、せっかく作ったガスパチョやオリーブのマリネは、
出し忘れる始末(泣)


話のネタは満載。

夫婦のこと、
コウのこと、老後のこと、
髪の毛のこと(Tさんごめんなさい 笑)

Oさんが最近行ったインド旅行の話で盛り上がり、
ますます海外旅行への思いがわいてきました。


食べて、飲んで、
涙が出るほど笑って、
とても楽しい夜でした。



次は、私たちがOさん家へ遊びに行く予定。

おまけの名古屋めしも楽しみです^^
[PR]
by miisuke1018 | 2015-08-26 10:43 | Trackback | Comments(6)

めんつぼ

息子が10月で4歳になります。
言葉を覚え、最近は「しりとり」にはまっています。
りんご、ごりら、らっぱ、ぱずる、るびー…。
こんな感じで、なかなかです。
でも「め」になると必ず
「め、め、め、め、めんつぼ」
と言います。
「めんつぼ」が何を意味するのか
いまだにさっぱり分かりません。

ご無沙汰してます。久々にヒデの登場です。

先日、名古屋からお友達の夫婦が泊まりにきました。
新婚旅行のスペインで知り合った方で、13年来のお付き合いです。
ということで、夜はパエリアなど、スペイン料理を振る舞いました。

翌日は別々の車で海沿いにある喫茶店に向かいました。
車中、僕は妻に
「昨日の料理はおいしかった。大きなお皿に少し盛るという
盛り付けも良かった」
と、感謝の気持ちを告げました。

すると気をよくした妻は
「大きなお皿に余裕を持って盛るっていうのは
基本中のキだよ」
と、したり顔でした。

僕は聞き直しました。
「えっ、基本中の何?」
「だから基本中のキやって」
「…」

妻が言いたかったのは
「イロハのイ」
だと思いますが、気分を害すと、
こっちにとばっちりが来るので、
聞き流しました。

さて、喫茶店に到着しました。
海をバックに記念撮影としゃれこみましたが、
カメラの具合が悪く、うまくピントが合いません。
そのため、シャッターもおりません。
何度やってもダメでした。
いらつく妻は
「なんでこの車、ピントが合わんのや」
と言いました。

車?
一文字もだぶってないのに、
カメラと車を間違ったようです。
強いて言えば、3文字という共通点はあるものの、
カメラと車を間違う人って、世の中にいるんだなあと、
しかもこんなに身近に、と思いました。

名古屋の夫婦と別れ、自宅に戻りました。
その夫婦から妻に
「家に到着しました。いろいろありがとうございました」
というご丁寧なラインが送られてきました。
早速妻は
「こちらこそ、家をあらしてくれてありがとうございます。
また是非来てください」
と返信しました。

荒らしてくれて?

ご夫婦からはかなり恐縮した謝りのメッセージが届きました。
そりゃそうです。完全な嫌味というか
「二度とうちに来るなよ」
という意味にしか取れません。

真相を言えば
妻は「あ」と「い」を間違えて打ち込んだのです。
「いらしてくれてありがとう」
「あらしてくれてありがとう」

さすがに
「それはあかんやろ」
と突っ込まずにはいられませんでした。

人間はこうやって徐々に衰えながら
やがて土に戻るのだろうと
思いました。
[PR]
by miisuke1018 | 2015-08-23 22:13 | Trackback | Comments(2)

夏の味覚 越前塩雲丹

d0145094_20211546.jpg


梅雨明けともに嬉しい旬の味がやってきます。

「今年は何個いる~?」
浜に住んでいる知人から電話があり、

「今年は、〇個お願いしま~す!」


採れたての雲丹を塩漬けした「塩雲丹」の季節です。
塩雲丹や、藤の葉で包まれています。

炊き立てのご飯のお友に最高ですが、
我が家の常連は、おにぎりです。

ごま塩で握ったおにぎりの具にするのが定番。

夏は、素麺におにぎりの昼ご飯も多いのですが、
塩雲丹のおにぎりの時は別。
汁気がある方が好きで、
温かいうどんやにゅう麺、お蕎麦を合わせます。

今日は、温かいお蕎麦で昼ご飯。

おにぎりは、三谷さんの白漆のプレートに載せて、
お蕎麦は、赤木さんの楡鉢に。

d0145094_2138597.jpg


こちらの塩雲丹の塩加減が控えめで、
この味を知ってからは、スーパーに売っているものには手を出せません。

そして、不思議なことに涼しくなると塩雲丹は、体が欲しません。
暑い暑い夏の贅沢なご飯です。
[PR]
by miisuke1018 | 2015-08-02 21:50 | Trackback | Comments(0)