テーブルの真ん中

miisuke08.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近のコウ。

何やら、集中して一点を見つめる息子。

d0145094_22223672.jpg


自分が映った動画を何度も繰り返し見ています。
どこまで、自分好きやねん。

d0145094_22235871.jpg


i Phoneで撮った息子を見せてあげたのが、あとの祭り(笑)
最近は、携帯を見ると大声を出して、見せてくれ~と訴える始末。
今どきの1歳児はすごいですね~。
自分で再生したり、フリック(画面を移動)したりするんだから、こりゃ参った^^;

今日は、初めての美容院デビューでした。
じっとしていないかと心配でしたが、ずっと大人しくしていました。
えらいぞ、コウ!

マッシュルームカットみたいにしたかったのですが、
思いのほか、田舎っぺな顔になってしまいました(笑)
なので、全体的に少し段を入れて、少しはマシになったかな~。

で、こんな感じになりました^^

せんべいの粉を付けていますけど、なにか?

d0145094_22282070.jpg


1週間ほど下痢で、食事は軟飯にふりかけ、もしくは素うどんの毎日でした。
やっと、便も普通になってきて良かった~。
男の子は体が弱いと聞いていましたが、息子もそうなのかしら?

元気に飛び回っている姿を見ているのが、一番いいですね。
[PR]
by miisuke1018 | 2013-01-22 22:42 | Trackback | Comments(15)

からすみのパスタ

正月に、酒のあてにしようととっておいたからすみ。
あいにく、ダウンしていたので、そのまま冷蔵庫に眠っていました。

せっかくなので、休みの日にしか食べれないパスタに使いました。
ペペロンチーノの要領で作ったパスタの出来上がりに、
たっぷりとグレイダーでおろしたからすみを混ぜ入れます。

くたくたに茹でたブロッコリーは、崩しながらソースのように仕上げて。
最後に、からすみをかけて出来上がり。

d0145094_13157100.jpg


にんにくを控え目にしたので、からすみの風味もして美味しい~♪
二人で300g茹でたのに、あっという間になくなってしましました。



あれれ?ピントが合っていない^^;

d0145094_1317841.jpg


たっぷりとおろしたからすみは、まだ沢山残っているので、
次は、菜の花を使って作りたいな。
[PR]
by miisuke1018 | 2013-01-21 13:20 | Trackback | Comments(0)

hanakaiさん。

昨日は、東京からお客様がいらっしゃいました。
hanakaiさんです。
ブログを通じて仲良くなった方です。

福井に仕事があるという事で、昨晩は我が家にお招きしました。

初めまして~なのですが、お電話で話したこともあってかあまり緊張はしませんでした。
お迎えに行ってもらったヒデとは、車中いろいろと話に盛り上がったようで、
ご飯の準備中も、和気あいあいと和やかな雰囲気。

こちらも用意が出来て、ビールで乾杯!
今回の献立は、長尾智子さんの料理本を参考にしました。

ご馳走サラダ。

細切りにした揚げじゃがいもとサラミが、味のポイント。
葉っぱにスナップえんどう、いろんな野菜をボウルで混ぜ混ぜしていただきます。

この日、デビューした三谷さんのボウルに盛って。

d0145094_1701792.jpg


たこの燻製。

ストウブ鍋を使って燻製にしました。
ほのかに香るスモーク風味。
すり鉢で作ったハーブ塩とオリーブオイルをかけて。

写真が貧相だわ~^^;

d0145094_1742277.jpg


エスニック風混ぜご飯。

こちらも、器に並べた後ビビンバのように混ぜていただきます。
ライムを絞ったり、塩生姜を入れて好みの味にします。

d0145094_1772914.jpg


黒酢とナムプラーで作ったたれをかけるのですが、
これは美味しくてヒット♪
おもてなしメニューに仲間入りです。

hanakiさん、毒見役ありがとう(笑)

あとは、豚肉の生春巻き蒸しを作りました。
こちらは、味は良かったものの見た目がイマイチのため写真はなし^^
↑の写真の上の方に、小さく映っています(笑)
温かい生春巻きは、もっちりとした食感でグー。

話に夢中で、写真を撮ったのはこれだけ。

幼少の頃の話で盛り上がったり、
ご両親の話にほっこりしたり。
笑いが絶えず、ワインやら日本酒やらお酒も沢山飲みました。

名残り惜しいのですが、時間が来てしまいさよなら。
ホテルに送っていく車中も楽しかった~。

hanakaiさん、
沢山のお土産をありがとうございました。
今度は東京でお会いしましょうね!


<昨日の晩御飯の献立>
・ご馳走サラダ
・たこの燻製
・豚肉と野菜の蒸し春巻き
・エスニック風混ぜご飯
[PR]
by miisuke1018 | 2013-01-14 20:56 | Trackback | Comments(14)

カムサハムニダ

出張先で、聞きなれない
コンビニに立ち寄りました。

トイレに向かうと
「すみません、どうぞ」
と言って、掃除道具を抱えた男性が
出てきました。
障害者だと見てわかりました。

トイレを終え、周りを見渡すと
外では障害者の女性が
掃き掃除をしていました。

積極的に障害者雇用をしている
地域のコンビニなのだろうと感心しました。
トイレだけのつもりでしたが、
タバコを3箱買いました。

「あのお、ヒデさんですか?」
小さな女性の声が聞こえてきました。
無防備だったので、誰の声か
すぐには分りませんでした。

「ヒ、ヒデさん?」
声の主は、レジ打ちの50代の女性でした。
「ええ、そうですけど……。あっ、
花を摘んでいたお母さんですね!!
K君のお母さんですよね!!!」


※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※


バスの車中、K君はずっと
胸を叩いていました。
極度の緊張からくる行為だと
お母さんが話してくれました。
K君は向かう先で、
あいさつをすることになっていました。

9年前。韓国の慶州市。
福井の障害者と慶州市の障害者の
美術交流展がありました。
僕は、縁あってそのイベントに
同行していました。

イベントを終え、
バスが向かう先には
韓国の障害者やその保護者、
学校の先生たちが待っていました。
いわゆる打ち上げです。

高校生のK君は
養護学校の代表として
お母さんと一緒に
慶州市に来ていました。


※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※


打ち上げのレストランには
日韓の関係者約50人が集まりました。

「あ、あのお…」
K君は最初から言葉に詰まってしまいました。
そりゃあ、そうです。
僕らでも、これだけの人数の前で
あいさつするのは緊張します。

「あ、あ、あのお…」
それから1分ほど沈黙してしまいました。
K君の顔は真っ赤になり、
助けを求めるように、
お母さんに目をやりました。

養護学校の担任の先生が、
K君のかたわらに行きかけた時です。
慶州市の障害者の女の子が、
急に立ち上がり、K君のところに
歩いていきました。
そして優しく肩を
叩きました。

「きょうは、ぼくたちのために、
ほんとに、ありがとう」

K君は、勇気を振り絞るように
ゆっくりと声を出し、
そして頭を下げました。

つられるように、隣の女の子が
「カムサハムニダ(ありがとう)」
と小さな声を出し、
K君を真似て頭を下げました。

この女の子は自閉症で
人前で話をしたことがないと
彼女のお母さんが涙ながらに
教えてくれました。

会場のレストランは
とってもとっても大きな拍手に
包まれました。


※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※


旅は3泊4日。
初日のイベントを終えた後は
いろんな遺跡を巡りました。

K君を含め日本からやってきた3人の生徒は
ずっと楽しそうでした。
きっと肩の荷が下りたからでしょう。
それを見つめる親たちもまた、
とても幸せそうに見えました。

K君のお母さんは
「飛行機も初めてやし、
あいさつもあるし、
最初は断ろうと思ってたけど、
連れてきて本当に良かった」
と何度も何度も口にしました。

そして、行く先々で彼女は
道端に咲く小さな花を摘んでいました。
それを小さなビニール袋に詰めるのです。
理由を聞くと
「この旅を忘れたくないから。
何か青臭いかしら」
と言ってハハハと笑いました。


※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※


タバコのお金を支払うと
レジのお母さんは
おもむろに、エプロンの前ポケットに
手を入れました。

手のひらには
ラミネート加工した押し花がありました。
「ずっと持っているの。
あんなに楽しい旅はなかったから」

僕の後ろには、
のり弁当を持ったドカタのあんちゃんが
待っていました。

「みんな元気ですか?」
「えーみんな元気ですよ、ヒデさん」
「よかったです」
「ありがとう」
そう言って、
お母さんは、小さな真っ赤な花を
ポケットに押し込みました。

「いらっしゃいませ。
お弁当はあたためますか?」

僕は、込みあげる
涙を見られないように
そそくさとコンビニを
後にしました。


※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※


旅の最終日。
通訳の女性が、空港の駐車場で
3人の生徒に
韓国のりをプレゼントしました。

「みなさんにはとってもたくさんの
勇気をもらいました。
本当にありがとうございました」
そういって一人ひとりに韓国のりを
手渡しました。
女性は若く、感受性も豊かだったのでしょう。
人目をはばからず号泣していました。

プレゼントを手にしたK君は
とってもうれしそうでした。
そして何かを言おうとしていました。
「あ、あのお、あのお…」
ほんのしばらくの沈黙の後、
K君は、小さな声で
「カム、サ…ハム…ニ…ダ…」

K君が初めて口にした韓国語でした。
[PR]
by miisuke1018 | 2013-01-06 15:09 | Trackback | Comments(6)

明けましておめでとうございます

d0145094_1771685.jpg


皆さん、お正月はゆっくり過ごされていますか。

我が家の年末年始は散々でした。

年末、息子が嘔吐と下痢を繰り返し、深夜に病院へ駆け込みました。
診断は、感染性胃腸炎。
詳しい検査が出来なかったのですが、ノロウイルスだと思います。
翌日には私にも移ってしまい、吐き気と下痢で辛くて、辛くて。

おかげで、掃除はおろか、お節も出来ずじまい。
大晦日に、買ってあった蓬莱飾りを玄関に飾って何とか正月を迎えました。

なので、今年はお節の写真も料理も何もありません。
期待していた方、(そんなの居ないか)
今年の年末には、頑張って作ります!
気が早過ぎ(笑)

今日、やっと二人ともいつもの調子に戻ってきてホっとしているところです。
年始め、最悪の出だしとなってしまった我が家ですが、
今年一年、家族みんなが健康でいられますように。

そして、今年も「テーブルの真ん中」をよろしくお願いします!
[PR]
by miisuke1018 | 2013-01-02 19:38 | Trackback | Comments(14)