テーブルの真ん中

miisuke08.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

パエリアでおうちランチ

昨日は、Kちゃんが小浜からわが家まで遊びに来てくれました。
彼女とは同じ歳。
洋服屋に勤めていたときからのお付き合いなので、もう20年以上になります。
福井から小浜に嫁いで早や15年近く。
結婚した当初、小浜に2年ほど住んでいたので、その頃は時々会えていたのですが、
実に、2、3年ぶりの再会でした。

ランチの用意をしながら、2人とも機関銃のようにしゃべる、しゃべる。
気のおけない友達との会話は、四方八方に飛びますがそれがとっても楽しいのです♪

ランチのメインは、畑で採れた夏野菜を使ったパエリアにしました。
途中、ノンアルコールビールを開けて喉をうるおしながら会話は続行。
蒸らしが終わって、さぁいただきましょうね!

d0145094_18262259.jpg


まずは、冷たいズッキーニのスープ。
ズッキーニよりもじゃがいもの味が強かったかしら?

d0145094_1827132.jpg


パエリアは、野菜のうま味で優しい味わいに出来上がりました。

d0145094_18284827.jpg


あとは、タコとじゃがいものケイパーサラダを。
食べて、おしゃべりして、楽しいランチの時間が過ぎてきました。

デザートは洋梨のタルト。
焼いたパートシュクレにクレームダマンンドを敷いたのを冷凍保存していたので、
当日は、切った洋梨を並べてオーブンで焼くだけ。
この方法はけっこう使えますね。

回りが少し崩れちゃったけど~。
一応、完成としますか。

d0145094_18334089.jpg


さっくりとしたタルト生地に、洋梨が合います^^
Kちゃんも、気に入ってくれたようでホッと一安心。

d0145094_1836538.jpg


久しぶりの再開で、会話は尽きないのですが、
今日は、そのままとんぼ帰りということでお別れの時間がきました。

さよならするとき少し寂しくなったけれど、
Kちゃんの元気そうな顔と幸せな家族の話が聞けて、
こちらも温かい気持ちになりました。
Kちゃん、遠いわが家まで遊びに来てくれて本当にありがとう♪

今度は、私がそちらに遊びに行くね~。

<昨日の昼ご飯の献立>
・夏野菜のパエリア
・ズッキーニの冷製スープ
・タコとじゃがいものサラダ
・洋梨のタルト

葛まんじゅう
[PR]
by miisuke1018 | 2011-07-28 18:55 | Trackback | Comments(10)

岡田直人さんの工房へ

去年、kitoneで購入したカトラリーレスト
そのときに、追加で違うデザインのものをオーダーして帰りました。
ですが、待てども待てども連絡がありません。

ある日、お店に問い合わせしたところ、作家の岡田直人さんと行き違いがあって、
まだオーダーがいっていないとのこと。
急いでいなかったので、待つことにしました。

すると、岡田さんご本人から電話があり、今から急いで作るとのこと。
先日、出来上がったとの連絡を頂いたので、
aoaoさんを誘って小松にある工房へお邪魔しました。

近くまで行って電話をすると、颯爽と自転車で現れた岡田さん。
少し長めの髪とスリムな体型が、アーティストな雰囲気を醸し出していました。

自然の中にある自宅兼工房のお住まい。
家の外には大きな木があり、ブランコが。
お子さんが、ここで遊ぶのかな~。

d0145094_10455538.jpg

奥に案内されると、器好きにはたまらない山となった器たちが沢山。
2人して、興奮度MAX!!

d0145094_10405436.jpg


隣には、お仕事される工房がありました。

d0145094_10415521.jpg


お茶をいただきながら、いろいろとお話しました。
同世代というのもあるのか、話もとても面白くて楽しい岡田さん。
ますます、ファンになってしまいました^^

今回は、オーダーしていたものしか買わないでおこう!
あんなに固く決心して」きたのにもかかわらず、
器を見た途端、一瞬にして崩れてしまいました。

連れて帰ったカトラリーレスト。

d0145094_1048414.jpg


aoaoさんとお揃いで購入した、新作の輪花楕円鉢(手前)。
なんと、奥の片口の器は、工房までいらしてくれたお礼にと、プレゼントしてくれました♪
きゃ~いいんですか?
嬉しさMAX!!

d0145094_10574697.jpg


話は尽きませんでしたが、時間がなくなって工房をあとにしました。
あ~楽しい時間だったな~。
また、行きたいな~。
[PR]
by miisuke1018 | 2011-07-25 10:58 | Trackback | Comments(9)

鰻のひつまぶし風

21日は土用の丑の日でした。
タイミングよく、義母からもらった鰻の蒲焼き(御中元のお裾分け)をが冷凍してあったので、
これをいただくことにしました。
ちらし寿司にしようっと思っていたのですが、
前日テレビで見た名古屋のひつまぶしが美味しそうで、それを真似て献立にしました。

炊きたてのご飯に鰻のたれを少し混ぜて蒸篭によそいます。
上には細かくきった鰻を載せて、あとは蒸すだけ。

この日は、めずらしく早く帰宅したヒデ。
平日には、なかなか出来ないふたりご飯。

粉山椒をかけていただきます!

d0145094_7433986.jpg


あくまでも、わが家流ひつまぶし風ということで、
薬味をいくつか用意して、とった出汁は急須に入れて、お手本どおりに食べました。

d0145094_746945.jpg


普段はめったに食べない鰻の蒲焼きですが、
満足のいく晩ご飯になりました。

<7.21の晩ご飯の献立>
・鰻の蒸篭蒸し
・若布ときゅうりの酢の物
・なすの漬物(市販)
・あさりの赤だし
[PR]
by miisuke1018 | 2011-07-23 07:49 | Trackback | Comments(10)

杏のタルト

この間作った杏のシロップ漬けとジャムを使って、タルトを作りました。
タルト台になるパートサブレは冷凍してあったので、
解凍して伸ばし、セルクル型で抜いて空焼きしました。

杏のジャムを混ぜたクレームダマンドをパートサブレの上に敷き詰めて、
反割りにした杏のシロップ漬けを置いていき、クランブルを全体にふりかけます。

d0145094_10225684.jpg


焼き上がったのがこちら。

d0145094_10235427.jpg


津田陽子さんの本を参考にして作ったのですが、
本とは全く違う仕上がりました^^;

ですが、味の方はいけます、美味しいです♪

妊娠4ヶ月頃からでしょうか。
以前よりも、粉ものの焼き菓子やパンなどが食べたくて、食べたくて。
パンもよく買うようになったし、時間があれば焼き菓子を作っています。

最近作ったのは、オレオ風マフィン。
ブラックココアという真っ黒の粉末を混ぜ込んだ米粉のマフィンです。

d0145094_10293893.jpg


ついこの間は、オートミール入りの米粉クッキーを作りました。
ザクザクと歯ごたえのいいオートミールとシナモンやクローブ、ジンジャーなどのスパイス入りで風味がよくて、1つ2つと、ついついつまんでしまいます。

d0145094_103295.jpg


お菓子を作るときのバターや砂糖に毎回おののいてしまうのですが、
いや~、しばらくはやめられないな~、やめるつもりないですけど^^
[PR]
by miisuke1018 | 2011-07-21 10:36 | Trackback | Comments(10)

杏しごと

先週は、家にこもっていた1週間でした。
あ~退屈だった。

退屈しのぎにちょうど良かったのが杏しごと。
今年初めてお取り寄せしました。
6kgの杏を、レシピを参考にいくつか作りました。

杏酒と杏のシロップ漬け。
杏のシロップ漬けは、炊飯器で作るというもの。
思っていた出来上がりではないな。

d0145094_7553634.jpg


こちらが、一般的なレシピで作った杏のシロップ漬け
こっちの方が美味しそう~。

d0145094_7563147.jpg


ジャムは2種類作りました。
1つは、伊藤まさこさんの本に載っていた杏をセミドライにしてからジャムにするというもの。
レンジでチンした杏を、さらにオーブンの中へ2時間。

d0145094_758314.jpg


これに、グラニュー糖を入れてジャムに仕上げます。
美味しいジャムが出来上がりました(左の瓶)。
この濃厚な色合い!
右のは、通常の作り方で作ったジャム。

そして、お分かりですか?
オリジナルのシールを貼ってみました。
少し前のことですが、オーダーでスタンプを作りました。
konamiさんのお友達のかなざわさんに教えて頂いたものです。
やっと、日の目をみることができました♪

d0145094_864594.jpg


かなざわさん、ありがとう~♪
あのときは本当にお世話になりました。


今日は、この間作った杏のシロップ漬けを使って、
タルトを作る予定。
うまく出来るかな。

杏のケイク
[PR]
by miisuke1018 | 2011-07-19 08:21 | Trackback | Comments(22)

鳥獣戯画の器

愛らしい図柄の鳥獣戯画。
何か可愛くて、楽しくなる兎と蛙の絵が好きです。
このたび、縁あってやっとわが家に器が届きました。

湯のみと五寸皿

d0145094_10242652.jpg


中鉢と茶碗

d0145094_1025534.jpg


鳥獣戯画の器は、いろんな方が書かれていますが、
今回のは万葉窯のものでした。

白地に青の絵が涼しげで、夏にもぴったりです。
早速、晩ご飯に使ってみました。

ある日の晩ご飯。

d0145094_10302169.jpg


この夏、2人してはまっている「とうもろこしのすり流し」。
うっかりして、漉すのを忘れてしまいました^^
上に飾ったのはきゅうりを紅葉の型で抜いたもの。

d0145094_1034938.jpg


畑で採れた野菜で揚げびたし。
万願寺とうがらしが美味しかった~。

d0145094_1035618.jpg


毎年、新しょうがが出回る時期に何度か作る「新しょうがの炊き込みご飯」。
細かく切った新しょうがは、これでもかというぐらいたっぷり入れます。
同じく細かく切った薄揚げはコクだしのために入れて。

d0145094_10411085.jpg


見ているだけでほのぼのする、鳥獣戯画が好きです。

<ある日の晩ご飯の献立>
・新しょうがの炊き込みご飯
・夏野菜の揚げびたし(なす、ピーマン、万願寺とうがらし、みょうが)
・若狭かれいの一夜干し
・とうもろこしのすり流し
・今年も作っています!きゅうりのキューちゃん漬け
[PR]
by miisuke1018 | 2011-07-15 10:47 | Trackback | Comments(14)

3ヶ月後

今年2月7日のことでした。
線がくっきりと浮かび上がりました。
信じられませんでした。

3月に入り、胸が悪くなりました。
でも3日で元の体調に戻りました。
「またか」と悲しくなりました。
もし今回もそうなら、これで4回目です。

先生の言葉をドキドキしながら待ちました。
「大丈夫。元気だよ」
安堵の涙が出ました。

昨年の春、家を建てました。
大きなキッチンはオーダーメイド。
お気に入りのわが家です。
でも、1つだけつくらなかったものがあります。
それは子供部屋です。

不妊治療8年目の昨年秋、
最後のつもりで体外受精をしました。
12月25日、判定は残念な結果に終わりました。
新築の家にはたくさんのお金がかかりました。
年も40を超えました。
ヒデと相談の上、不妊治療を休むことにしました。
3回の流産を経験し、体のダメージだけでなく
その悲しみに耐えられない自分がいました。
「もう治療はやめたい」
正直、そんな気持ちになりました。

ところが、
今年に入り、生理が来なくなりました。
生まれて初めての自然妊娠でした…。
こんなことってあるのかと
驚いてしまいました。

妊娠7ヶ月になりました。
男の子だからか、おなかの中を
グルグルと動き回っています。
3ヶ月後の10月9日、
私は42歳にして母になります。

このブログを読んでくれている方の中には
不妊治療をしている方が何人もいます。
私は「あきらめないで」などと
軽々しくは言えません。
子どもがいなくても、幸せな人生はあると思います。
今までの私がそうでしたから。


ご報告遅れて申し訳ありません。



もう1つ。今回の日記はmiisukeになりすまして
ヒデが書きました。
妻は、いろんな思いがありすぎて日記が書けないとのことでした。
というわけで、妻に聞き取りをして書きました。
[PR]
by miisuke1018 | 2011-07-09 22:14 | Trackback | Comments(80)

保存食いろいろ。

保存食作りの季節です。
6月は、ちょこちょこ作っていました。

まずは、紅しょうが。
紅しょうがも、いつもの作り方ではなくて杵島直美さんの作り方でやってみました。
これは、下漬けが終わって本漬けの段階。

d0145094_8583534.jpg


本漬けが終わったら、もう一度赤梅酢とみりん(好みで)で色や味を付けて出来上がり。

d0145094_8535421.jpg


まだ、味見はしていないので何ともいえませんが、
美味しかったら、今後はこのやり方で作るつもり。

らっきょうは、最近は漬けていませんでした。
なので、常備がなくなっていてヒデのリクエストで少しだけ漬けました。
といっても、2年ほど前に下漬けしておいた塩らっきょうを塩抜きして甘酢に漬けただけ。
2年前のもので少し不安でしたが、まだシャキシャキしていて大丈夫そうでした。
2人で食べるだけなんで、まっいいでしょう(笑)。

d0145094_952215.jpg


新しょうがのシロップは、今年初めて。
砂糖と一緒に煮出したしょうがに、最後にレモン汁を加えると綺麗なピンク色に染まりました。
漉したあとのしょうがは、ジャムにして。
シロップは、早速炭酸で割って飲みました。
けっこう、ジ~ンとくる辛みと熱さで温め効果抜群?

d0145094_971310.jpg


数日前は、梅干しの赤しそ漬けを終えました。

d0145094_994196.jpg


今年は、少しだけよけて、赤しそを加えない白梅干しも作ってみます。

d0145094_9104769.jpg


そして、2人とも大好きな紫蘇ジュースのシロップ。
薪仕事や畑仕事の合間の水分補給にいいんですよ~。
もう少し、作っておこっかな~。

d0145094_9113620.jpg


こうやって見ると、ホントに瓶だらけ。
困りものですが、やめられないんですよね^^

明日は、楽しみにしていた杏が到着します。
初めての杏の保存食作り。
まずは、瓶を買い足しますか^^
[PR]
by miisuke1018 | 2011-07-07 09:16 | Trackback | Comments(10)

盛岡冷麺

ruriiroさんから、またまた贈り物が届きました。
ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺。
名前は聞いたことあるけど、食べるのはもちろん初めて。
昨晩、早速いただきました。

焼肉をのせて食べるのがおススメ!
と聞いていたので、普段はあまり買わない焼肉用カルビ肉を買ってきました。
ゆで卵や野菜類も用意して、これでバッチリ準備はOK!

麺を茹でたら、氷水で締めて器に盛ります。
冷たいスープを張って、キムチや野菜などを順序よく載せてっと。。。

いただきます♪

d0145094_974556.jpg


おっと、肝心の麺が見えませんね^^

d0145094_98301.jpg


シコシコ、つるっといいのどごし。
蒸し暑いこの季節にピッタリ♪
そして、スープが美味しいこと。
いつまででも食べていたい冷麺でしたが、あっという間に完食してしまいました。

あ~替え玉できたらな~(笑)。


その盛岡冷麺。
ルーツは平壌だそうです。
平壌をふるさとにもつ料理人が思いを馳せて、
盛岡で冷麺を作ったのが始まりだそうです。

昨晩は、前にいただいた三陸の「塩うに」を解凍しておにぎりを作りました。
これも、とっても美味しい~。
福井の塩うによりも、くどくなくって生っぽさがあります。


こうやって、福井に居ながら岩手の美味しいものをいただけることに感謝。
ruriiroさん、いつもありがとうございます!

そして、ブログでのご縁にも感謝。
これからも、ずっと大切にしたいご縁です。

<昨日の晩ご飯の献立>
・盛岡冷麺
・塩うに入りのおにぎり
[PR]
by miisuke1018 | 2011-07-04 09:25 | Trackback | Comments(10)

梅しごと 2011

d0145094_8365465.jpg


梅しごとの季節がやってきました。
今年もギリギリセーフだわと思いながら、
昨日は、梅の下ごしらえを済ませ、梅干しの作業開始。

ほんの少しだけ青いのが気になったので、
数時間置いておいたら黄熟のいい色になっていました。
容器に梅を入れたら塩とホワイトリカーを入れてあおりながら混ぜます。
あとは重しをして下漬けします。
2日後には、白梅酢が上がっていると思うので、赤じそを加える予定。

去年は、梅酒を2種類作りました。
1年置いておいたので、ちょうど飲み頃ですね。

手前は黒糖梅酒、奥は完熟梅で作った梅酒。

d0145094_8353628.jpg


今年は、梅酒はお休みして梅シロップを作りました。
今までは氷砂糖と一緒に瓶に入れるだけの作り方でしたが、
今回は、杵島直美さんのレシピを参考にして作ってみました。

ホーロー容器に、軽く叩いた青梅と砂糖を入れて日に何度か混ぜ合わせて砂糖を溶かします。

d0145094_841296.jpg


梅だけを取り出して、容器ごと火にかけてアクを取ります。
シロップが冷めたら梅を戻して冷蔵庫で保存。
2週間ほどで出来上がり。

こんな感じになりました。

d0145094_8454714.jpg


炭酸で割って飲みたい♪

d0145094_84675.jpg



6月は、他にもいろいろ保存食を作りましたよ~。
毎年、こうやってガラス瓶が増えていくのが困りもの。
作ったものによっては冷蔵庫に入れるし、
この季節になると、もう1つ冷蔵庫欲しい病にかられます^^


保存食LOVEの皆さん、
皆さんはどこに置いていますか~?
[PR]
by miisuke1018 | 2011-07-01 08:54 | Trackback | Comments(16)