テーブルの真ん中

miisuke08.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

秋のテーブル

土曜日は、Oさん家族が我が家にいらっしゃいました。
Oさんがうちに来るのは、あの日以来。
春に生まれたTくんとは初めてのご対面♪

恒例の?おうち案内をヒデがして、
その間にせっせと料理の仕上げ。

この日のテーブルの器は、こんな感じにしてみました。
d0145094_20414583.jpg

アラビア社のブラックパラティッシ柄の紙ナプキン。
これを使いたくって、白と黒のモノトーンの色合わせにしました。
d0145094_20435461.jpg

相変わらず、器は揃いがないのですが、
色を統一したら、なんとなく大丈夫のような気がします。
d0145094_20445852.jpg


献立は、結局この間作ってみたものとおんなじです。
焼きかぶと帆立のマリネは、白いプレートに盛り付けました。
d0145094_20462429.jpg


ステーキサラダは、三谷さんの木の器に盛って。
これは、購入した「ストウブでいつもの料理をおいしく」の本に載っていたレシピ。
すりおろした玉ねぎで作ったドレッシングにステーキの焼き汁を入れてたれにするのですが、
この美味しさは自画自賛♪
d0145094_20492343.jpg


手羽先の燻製も同じ本に載っていたレシピです。
d0145094_2051748.jpg

手羽先の量に対して鍋が小さかったようです。
焼き色があんまり付いていないし、なにより燻製の香りがほとんどしません。
みんなは美味しいよ~って言ってくれましたが、
私的には大失敗(泣)。
やっぱり、ぶっつけ本番は危険でした~。



昼からスタートしたご飯は、
おしゃべりしながらゆっくり食べて飲んで、
気がついたら夕方になっていました。

<10月30日の昼ご飯の献立>
・焼きかぶと帆立のマリネ
・ステーキサラダ
・春菊のパスタ
・砂肝のコンフィ
・バゲット
[PR]
by miisuke1018 | 2010-10-31 21:05 | Trackback | Comments(10)

焼きかぶと帆立のマリネ

おもてなしでは、初めての料理はほとんどお出ししません。
作り慣れているものを器でよそいき風にするのが我が家流。

週末は、ヒデの会社の先輩家族を呼んで昼ご飯を予定しています。
いつものように、何を作ろうかな~と献立を考えているのですが、
今晩は、出そうと思っている料理を作ってみました。

前菜に「焼きかぶと帆立のマリネ」。
ガゲナウのグリルで、かぶや長芋、帆立を焼きます
d0145094_19561597.jpg

焼けたら、柚子の絞り汁やオリーブオイル、
はちみつで作っておいたマリネ液にしばらく漬けておきます。

皿に並べて出来上がり!
d0145094_19585940.jpg

レア気味の帆立が美味しいわ♪
d0145094_19595887.jpg

マリネ液の柚子は、レモンに替えてもいいかな~?

もうひとつ、作ってみたかったのが「春菊のパスタ」。
バジルソースみたいなもんですが、
これからの季節、春菊は旬をむかえるのでいいかな~と思って^^

バジルソースでは松の実を入れますが、
このソースには、さらにくるみや白胡麻、アーモンドスライスを加えてコクを出します。
以前何かで見たレシピなのですが、是非とも作ってみたかったのです。

春菊のパスタ
d0145094_205557.jpg

アンチョビが入らない分、ややうま味に欠けるかな~。
美味しいんだけど。
う~ん、少し改良しなくっちゃ。

来客はあさってなのですが、
寒さの具合もあって、急遽献立変更もあるかも。
う~ん、何を作りましょうか?

楽しく悩む。
いいもんです。

<今晩のご飯の献立>
・焼きかぶと帆立、長いものマリネ
・春菊のパスタ
・ステーキサラダ
[PR]
by miisuke1018 | 2010-10-28 20:14 | Trackback | Comments(6)

酒の肴はせいろ蒸し

d0145094_1950033.jpg

秋到来♪
と思っていたのもつかの間。
昨日から、一気に冬が訪れたような寒さです。

今晩は、週末の来客に出そうと思っている料理を、
試しに作ろうと決めていました。

でも、でも、この寒さ。
温かいものが食べたくって、せいろをひっぱり出しました。
豚肉でも蒸そうかなと考えていましたが、
スーパーに新鮮なうるめ鰯を発見!

メインは鰯の酒蒸しです。
d0145094_19511272.jpg

銀色に輝く鰯ちゃん。
とっても新鮮そのもの。
たっぷりのネギとゆずを絞って、醤油をたら~り。
臭みが全然なくって焼酎にもバッチリの相性♪

蒸し豆腐は、冷蔵庫に入っていたもので作りました。
出来上がりには、最近では定番となりつつ?ある「食べるラー油」とポン酢をかけていただきました。
d0145094_19563934.jpg


最近リピートしている福井のご当地ラー油。
「福井の宝 山海の幸 食べるラー油」
d0145094_2081078.jpg

この中には、福井の食材が満載!
三国港で揚がった甘エビやら、らっきょう、永平寺産のにんにく、米なども入っています。
うま味があって、ご飯に乗っけて食べるのが1番好きですが、
いろんな料理と相性がいいようです。

1杯の酒は焼酎のお湯割りで♪
の予定でしたが、薪ストーブのおかげで水割りに変更^^
お酒はほどほどにしておきます、ハイ。

蒸し料理のおかげで、ぽかぽか体が温まる晩ご飯になりました。

<今晩のご飯の献立>
・鰯の酒蒸し
・蒸し豆腐(小松菜、しめじ)
・小松菜の胡麻和え
・大根葉の先っちょの小さな大根の糠漬け(自家製)
[PR]
by miisuke1018 | 2010-10-27 20:21 | Trackback | Comments(4)

秋のファッション小物

秋も深まり、いい季節になりましたね♪
食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋など、
いろいろありますが、
お洒落さんにはたまらないファッションの秋でもあります。

最近は、キッチン小物や器ばかり買っていて洋服は後回し。
それでも、シーズン初めにこの2つだけ購入していました。

n100のカシミアストール
d0145094_18531744.jpg

春にn100のカットソーを購入していて、
その着心地の良さは実感済み。
巻いたときにボリュームもそんなに出ないし、
これからの季節、普段使いに活躍しそうです。

Pippiのラウンドパンプス
d0145094_190642.jpg

パイソンに惹かれて購入しました。
ヒールはあるのですが、安定していてとても穿きやすいのもgood!
ヒール部分もきちんとパイソン素材が使われています。
d0145094_1922086.jpg

パンプスは、ロールアップしたカーゴパンツやシーンズに合わせて穿いています。
足指がチラリと覗くのもいい感じです♪
ホントは、大人じゃんなワンピースなどにも合わせてみたい願望もあり^^

なぜか、毎シーズン洋服よりも先に小物に目がいってしまう私。
洋服も、いくつか欲しいものはあるのですが。
そちらは買えるのでしょうか^^


皆さんのファッション計画はすすんでいますか?
私は、激しい物欲と戦っている日々を送っています(笑)。

こちらのストウブくんも火入れしました。
[PR]
by miisuke1018 | 2010-10-22 19:11 | Trackback | Comments(10)

ストウブ鍋でさんまご飯

d0145094_211682.jpg

ストウブ(Staub)の鍋を購入してからは、
毎日料理に活躍させています。
というよりも、お試し中という感じでしょうか。

今晩は、さんまの炊き込みご飯を作る予定でした。
生姜と実山椒をたっぷり入れて~と思っていたのですが、
休みのヒデに言うと、意外にも乗る気じゃないし~。
聞けば、そんなにさんま好きな方じゃないかも~という始末。
うそでしょ?
それ、結婚8年目にして初めて知ったんだけど。

さんまは買ってあったし、他の献立もだいたい決めていたので、
味付けだけを変えることにしました。
さんまご飯は洋風の炊き込みご飯へチェンジ!
小松菜の胡麻和えはオイル煮に。
いか大根煮も、少し洋風にしました。


…で、こんなんなりました~。

さんまの洋風炊き込みご飯。
サフランで色付けした水とフュメ・ド・ポワソンで作ったスープで炊き込みました。
さんまは3枚おろしにしたのを先にソテーしておいて、米の上に載せて炊き込みました。
d0145094_2031557.jpg

前回、水の量が少なかったのかやや固めに炊き上がりました。
今回は、2カップに対してスープは430ccほど。
ちょうどいい具合に炊き上がりました。
d0145094_20322880.jpg


いかと大根の洋風蒸し煮。
オリーブオイルで焼き目を付けた大根、
いかはさっとからめてから、酒とフュメ・ド・ポワソンをパラ~っとかけて蒸し煮。
最後にバターをのせて。
d0145094_2036117.jpg

にんにくやアンチョビを効かせた方がより美味しかったかも。

お腹がすいていた2人。
全体的に味が薄かったように思いますが、
素材の味が生きていて美味しい晩ご飯になりました。

結局、ご飯をお代わりしたヒデ。
ホントに苦手なのか、どうも疑わしい晩でありました^^

「ストウブ」でいつもの料理をおいしく!
[PR]
by miisuke1018 | 2010-10-18 20:53 | Trackback | Comments(14)

ストウブの鍋

最近、ず~~~~~~っと欲しかったストウブ(Staub)の鍋。
色やサイズ、形など迷ってしまい、なかなか購入には至らず。

すでに、何個も所有しているtomekkoさんに相談したり、
kotoriさんのブログでストウブを発見しては質問したり。
はたまた、のりちゃんにもメールして相談しました^^
悩みに悩んで購入したのがこちらです。

ラウンド22cm鍋、色はオーベルジン(ナス色)
奥は、23cmオーバル鍋のブラック。
d0145094_2024275.jpg

初めは、色はグレーでしか考えていなかったのですが、
購入したサイトではすでに売り切れ。

でもね、迷っただけあって、
オーベルジンの色はメチャクチャ良い~♪

今晩は、早速この鍋を使ってご飯作り。

ラウンドの鍋ではご飯を炊きました。
といってもバターライスなので生米を使用。
作ろうと思ったらバターがないのが分かり、オリーブオイルだけで炊き上げました。
なので、オリーブオイルライスというのでしょうか。

ねぎ入りのオリーブオイルライスは、蒸らし時間にかぶの茎を投入。
茎はトッピングに使いました。
d0145094_2092229.jpg


オーバルの鍋は27cmサイズのものと悩みましたが、
小さめの23cmにしました。
単品野菜を蒸したりしたいな~と思っていたので。
大きさも、思っていたより小さくはなくって使い勝手が良さそうです。
この鍋では、塩豚とかぶの蒸し焼きを作りました。
昨晩塩をしておいた豚バラは、オイルをしいた鍋で焼き色を付けます。
ローズマリーのっけて、蓋をして弱火で10分。
いったん、肉を取り出して切ったかぶを鍋にしき、上に肉をのせます。
解凍したひよこ豆も一緒に投入。
肉の上にかぶの葉をかぶせるようにのせて蓋をします。
ここから20、30分ぐらい火を通しました。
d0145094_20151944.jpg

味付けは、塩、胡椒のみ。
無水調理ができるという点がストウブの特徴でもあります。
肉はしっとりと柔らかいし、かぶもみずみずしくて美味しいこと。

ひよこ豆を盛り付けるのを忘れてしまいました^^
ライスはさっぱりとした仕上がり。
ま、これはこれで美味しいと思います。
d0145094_20173343.jpg


シンプル調理でも、おいしくできるストウブの鍋。
この冬ハマりそうです♪


<今晩の献立>
・ねぎのオリーブオイルライス
・塩豚とかぶの蒸し焼き
・リーフレタスのサラダ (アンチョビとおろしにんにくで作ったオイルソースをかけて)
[PR]
by miisuke1018 | 2010-10-14 20:28 | Trackback | Comments(24)

10月12日。

今日から不妊治療を再開しました。
実は、3月の初めに3ヶ月に入るところで流産しました。
3度の妊娠、2度の流産。
おそらく、不育症だと思います。

しばらく休んでいましたが、
41歳という今、治療再開に踏み切ることにしました。
おかげ様で、2つの卵が残っているので体にはあまり負担なくできそうです。

今日、久しぶりにクリニックに行きました。
ついでに、今年度受けていなかった子宮がんの検診も受けました。


1週間前、1つ年下の友達が乳がんで亡くなりました。
20代の頃は、同じ洋服関係ということもあり、
よく遊び、一緒にお酒を飲む仲の良い友達でした。

ここ10年は互いに音沙汰はありませんでしたが、
京都にお嫁にいったと聞き、心から喜んでいました。

彼女は、妊娠で乳がんだというのが分かったそうです。
お通夜には行けませんでしたが、
福井から沢山の人が駆けつけてたと聞きました。
2歳の子供を残して旅立ってしまったのは、
とても辛かったことと思います。

今年、実はまだ乳がん検診を受けていません。
自分の体は自分で守る。
今月中には乳がん検診を受ける予定です。

今晩のうちご飯
[PR]
by miisuke1018 | 2010-10-12 21:17 | Trackback | Comments(16)

まつり

d0145094_19191031.jpg

今日は、地元のまつりでした。
まつりといっても華やかなものではありませんが。
もともと、まつりとは豊作を願い収穫を感謝することが始まりだったと耳にしました。
秋のまつりは、米の収穫などを感謝するといったものだと思います。

町の青年、十数人が獅子舞いで家々を回り踊りを舞います。
この練習には、ほとんど出れなかったヒデ。
きっと誰にでも出来るであろう?ささら役になりました。
d0145094_19133814.jpg

左手に持っているのは男性のいわゆるシンボルです(笑)。
子孫繁栄を意味するもの。
獅子舞よりも先回りして、家に入り子供らを怖がらせるそう。
ヒデには申し分ない役(笑)。

我が家にも獅子舞がやってきました。
この地域では雌の獅子舞が踊ります。
「辰の舞い」は剣を手にして舞います。
d0145094_19173025.jpg

笛や太鼓に合わせて獅子舞がゆったりと踊ります。
d0145094_1921415.jpg

続いて「鈴の舞い」。
d0145094_1922221.jpg

終わった後には、獅子舞に頭を噛んでもらい無病息災を願います。

全部で30軒ほど回ったそうですが、
各家で振る回られるお酒に顔面蒼白のヒデ。
心配を通り越えて、笑いそうになりました^^
今晩は越前町の浜の方で打ち上げで、また飲めない酒を飲んでいると思います(笑)。

福井市内に住んでいた頃には経験しなかった「まつり」。
この年齢になったおかげか、素直に感謝する思いの日になりました。
[PR]
by miisuke1018 | 2010-10-10 19:34 | Trackback | Comments(8)

美味しい秋

d0145094_20463323.jpg

ここ数日続いた雨。
今日は一転、秋晴れのいいお天気でした。
ヒデも早く帰宅できると分かっていたので、
久々に土鍋でご飯を炊きました。
そういえば、うちご飯のネタも久しぶりかも^^

「飯田」で食べたさつまいものご飯が美味しかったので、
早速、真似っこです。
d0145094_20485752.jpg


ハンバーグ用に買っておいたひき肉は、茄子の中身になりました。
これは、ひき肉に卵、くり抜いたなすの身をこねて調味したものを詰めてあります。
一度、軽く揚げてから煮ているのでさっぱりとした味になりました。
d0145094_2052063.jpg

これはヒデに好評♪
5本の茄子は、あっという間に胃袋に消えてしまいました。

里芋のグリルは、以前真理先生の教室で習ったもの。
山椒の葉を入れない胡麻味噌でいただきましたが、
やっぱり山椒は入れるべきだった~。
味がぼやけた感じになってしみました。

そうそう、里芋の下に敷いてある葉は庭のマルバノキです。
すっかり紅葉して、少しずつ散ってきました。
d0145094_20532627.jpg


奥の小さな片口に入っているのは大根葉のお葉漬け。
義母が持って来たてんこ盛りの大根葉は、塩でもんでからさっと水で流して昆布茶で漬けておきました。
漬物があるだけで何だか落ち着きます。
d0145094_20575139.jpg


どの季節にも美味しいものは沢山あるのですが、
秋の食べ物が一番好きかも。
涼しくなって食欲も旺盛な毎日。
お腹の肉も最近気になっていますが、
美味しいものの誘惑には、勝てないな~。

<今晩のご飯の献立>
・さつまいもご飯
・茄子の肉詰め揚げ煮
・里芋のグリル 胡麻味噌を付けて
・つまみ菜のおひたし
・大根葉のお葉漬け
・小松菜としめじと薄揚げの味噌汁
[PR]
by miisuke1018 | 2010-10-06 21:10 | Trackback | Comments(16)

馳走 飯田

畑仕事が終わった後は、楽しみにしていた外ごはん。
越前市粟田部(旧今立町)にある「飯田」へ訪れました。
d0145094_1115391.jpg

ここは、以前から行きたかった店。
あいにく個室は空いていなかったので、カウンター席に予約を入れておきました。

まずは、ビールとウーロン茶で乾杯。
出てきた先付は、鮭の飛頭竜といくらのおろし和え。
d0145094_11212859.jpg

飛頭竜の柔らかさにびっくりしました。
ほわ~っと崩れるぐらいの感じが出汁を吸って美味しい。
肌寒くなってきた夜には嬉しい一品です。

続いては造り。
d0145094_20563034.jpg

黄色い花びらみたいの、何だろう?って見つめるとご主人が、
「オクラの花なんですよ、ちょっとねばっとしていますが食べられるのでどうぞ。」
おっしゃるとおり、少しとろっとした食感。
クセもなくてさらっと食べれました。
花びらをめくると覗くお刺身。
d0145094_210281.jpg

煮物。
とろ~り、かけてある餡がいいお味。
d0145094_2114748.jpg

土瓶蒸し。
2人で感激しちゃいました!
うま味たっぷり、いい出汁出てるわ~。
d0145094_2192086.jpg

焼き物。
温めた塩の上に載っていて宝箱のよう。
d0145094_2145855.jpg

紅葉と松葉をよけると…。
酒呑みには、嬉しいオンパレード^^
d0145094_2161556.jpg

私は、もうこの辺でお腹が一杯になってきましたが、
まだまだ続きます^^
揚げ物の天ぷら。
d0145094_2174868.jpg

ゆかり塩でいただきます。
山芋といい、海老と枝豆ととうもろこしのかき揚げが美味しいこと♪
海老の甘さととうもろこしの甘さ、何とも絶妙な加減なんです。

締めのご飯は、羽釜で炊いたさつまいものご飯。
私たち、好みが似ていて、意外にも栗ご飯やさつまいものご飯など、
そんなに食べたいってならないので普段は作りません。
ですが、さっぱりといただけちゃいました^^
d0145094_21135243.jpg

写真はないのですが、岩海苔の味噌汁もいい味♪
やはり、すべてにおいて出汁がきちんと出来ているのでしょうか。

お腹がパンパンですが、
最後のデザート2種。
いちじくのコンポートに黒胡麻のアイス。
アイスは、さっとあぶった最中に載せてほうばります。
d0145094_21343760.jpg



おいしゅうございました!
お腹も満タンになりました^^

このコースで5,000円とは何と良心的なのでしょう。
お味ははもちろんのこと、
ご主人や奥様のお人柄、真面目な姿勢、
そういうところにも客がひいきにするのだと思いました。

連日、連夜満席のお店、
「飯田」はあまり教えたくはありませんでしたが、
是非、足を運んでほしい素敵な店です。
[PR]
by miisuke1018 | 2010-10-04 21:36 | Trackback | Comments(2)