テーブルの真ん中

miisuke08.exblog.jp

<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

初の石窯料理体験

先週末のもう一つの楽しみが、石窯体験教室でした。
フードソムリエで知った、福井県鯖江市に工房をもつ佐々木京美さん
最近は、石窯で焼いたパンのネット販売を中心にされていましたが、
2年半ぶりに、石窯体験教室を再開。
毎日、ブログを楽しみに読んでいたので、ラッキーなことに
残り2名の席をとることができました。

今日は、かなり長めです^^

日曜日の天気予報は雨。
野外で行うとのことだったので、前日から祈りに祈っていました。
当日は、思いのほか晴れていました。
一緒に参加した相棒はヒデ。
彼も、石窯や先生のライフスタイルに興味深々。
この日は、愛知県から参加された方もいらっしゃいました。

まずは、先生から石窯の基本的な性能や良さを聞きました。
今回は、新たに小型の石窯を置いたそうでこちらを使います。
d0145094_20535138.jpg

石窯の中は、徐々に温度が高くなっていくのを利用して、すでにじゃがいもと南瓜が
じっくり焼かれてスタンバイ。

その間に、スパイス作り。
先生は、インドネシア生活からインドネシア料理の美味しさにはまり、
スパイス使いもお手のもの。
インドネシアから抱えて持ち帰った石うすで、石窯で焙煎した白胡椒と黒胡椒
(インドネシア産)、コリアンダーをすり潰していきます。
d0145094_210116.jpg

側面を利用してすり潰すのですが、これが見た目と違ってけっこう難しいのです。
d0145094_2112080.jpg

みんなで順番にやりっこしながらすり潰して、さらに塩(能登のはま塩)を入れて、
混ぜ合わせるように、すり潰していきます。

香り豊かなブレンドスパイスの出来上がり!
d0145094_2154958.jpg

味見をしてビックリ!!
風味豊かな胡椒とコリアンダーが食欲をそそります。
これを販売して欲しいぐらい♪

40分ほど石窯でじっくり火を通されたじゃがいも。
これに、作ったスパイスやバター、好みでいしり(石川産のいかで作った魚醤)
をかけて食べると…
d0145094_21103567.jpg

「なんじゃぁ、こりゃぁ~!?」
松田優作ばりの驚き!!
きたあかりという品種なのも頷けますが、今まで食べたじゃがいもとは全く別物。
ねっとりとして、ホクホクしていて。
人生で初めて味わったじゃがいもの美味しさ!!
いしりとバターの組み合わせも絶妙。
先生は、石窯の魅力である遠赤外線で中から火が通っていくのが美味しさのひとつ
だと話していました。
続いては、坊ちゃんかぼちゃ。
d0145094_21173295.jpg

発酵バターを入れ混ぜていただきます。
う~ん、これも美味しいわ~。

作ったブレンドスパイスは、鶏肉にまぶしつけてマッサージ^^
黄色いのは、先生が仕込んでくれたインドネシア版タンドリーチキン。
d0145094_2121373.jpg

と、ここで信じられない大雨が。
だんだん強くなる雨に耐え切れず、ここで中に非難。
こういうハプニングも楽しんじゃえ^^
鶏肉を石窯に投入して、焼けるまでの間にパンの成型や発酵。
先生は、
「石窯の良さは、オーブンと違ってゆったりのんびり時間を楽しみながら料理できて、
気がつけば、お隣にすわっている知らない人ともすっかり打ち解けてしまうのよ~」。
と、にっこり笑って話していました。

参加した方と話しているうちに、お待ちかね~の鶏肉が焼けました!
d0145094_2133118.jpg

わ~、これもオーブンとは全然違うわ~。
ヒデは、タンドリーチキンを気に入った様子。
私は、ブレンドスパイスの方の鶏肉の美味しさにニンマリ♪

まだまだ続きます。
カレンズとくるみいりのパン。
d0145094_21364962.jpg

ピザのトッピングもいろいろ。
お手製のセミドライトマトとバジルのピザ。
d0145094_21381630.jpg

ブレンドスパイスとオリーブオイルだけのシンプルピザ。
d0145094_21391647.jpg

畑で採れたルッコラとスペイン産のサラミをトッピング。
d0145094_21404646.jpg

のばした生地は、新聞に移してから具をトッピングすると、
石窯にすっとすべり入れやすいそう。
なるほど~。

焼き上がったピザは、切ってもくたっとおじぎしないクリスピー感♪
d0145094_214623.jpg

どれも、美味しい~。
2時間以上かけて、ゆっくりと食べたのでかなりお腹が一杯。

デザートは、桃のコンポートをさっと石窯で焼いてアイスクリームといただきました。
d0145094_21514138.jpg


新居には、薪ストーブを入れる予定ですが石窯の魅力にも開眼!
レンガでゆっくりと時間をかけて作るのもいいかもしれませんね。
石窯料理の美味しさは、味わった人にしか分かりません^^
もう、それぐらいどれも美味しかった~。
先生は、フル回転に動き回って大変だったろうな。
機会があったら、また是非参加したいと思います。

悲しいかな、帰る頃にはすっかり雨も上がっていましたが、
久しぶりに、夫婦でゆったりと楽しい時間を過ごすことが出来ました。
[PR]
by miisuke1018 | 2009-07-28 22:13 | Trackback | Comments(4)

夏野菜のパエリア 2009

先週末は、久しぶりに楽しい時間を過ごすことが出来ました。
金曜日は、5月に会って以来junkoとふたりご飯。
食べたいものを聞くと「バーニャカウダ」とのリクエスト。
妊婦になってから、より野菜が食べたくなったそう。
何度も、くり返し作っているバーニャカウダは、我が家の定番おもてなし料理。
旬の野菜がたっぷり食べれるのが嬉しいですよね。
パプリカにミニ人参、セロリ、坊ちゃん南瓜、大根、きゅうり、ラディッシュの7種の野菜。
d0145094_19551488.jpg

肝心のバーニャカウダのポットが写っていませんが^^
セロリ以外は地元野菜。
野菜は色そのものが栄養素と聞いたな~。
色とりどり採れば、バランスもいいかしら。

久しぶりに、パエリアも作りました。
昨年とは、少し変えて調理中に野菜を入れて。
洋ナスとズッキーニ、パプリカ、冷凍保存しておいたにんにくの芽(これも以前産直売り場で購入)
洋ナスは、産直売り場に売っていたもの。
あまりに可愛いので、ついカゴの中へ。
d0145094_2075028.jpg

パエリアも、地元野菜ばかりで何だか嬉しいな♪

d0145094_2010596.jpg

蒸らし時間が長かったのか、野菜の色が完全に抜けてしまいました。
ピーマンに見えるのは甘唐辛子。
少し米が柔らかくなったものの野菜のうま味がたっぷり。
まさに、ラタトゥイユのパエリア版ですね!

動物性のたんぱく質も欠かせません。
冷凍庫に1枚だけあった鴨肉で、行正り香さんのレシピから、
はちみつ風味焼きを。
鴨肉は、解凍して塩をします。
皮目だけ焼いて取り出して、出た脂できのこをからめて。
皮の方にはちみつを塗ってオーブンで焼いたら、
アルミホイルで包んで、肉汁がでないように落ち着かせます。
オーブンに入れる時間が長かったのか、放置時間が長かったのか、
スライスしたら、ガッカリ(涙)。
火が通り過ぎました。
d0145094_2024191.jpg

固めの肉を、junkoは「美味しいよ、美味しい~。」
って、噛み千切って食べてくれてたな~(笑)。
あ~優しい友よ(笑)。

恒例のワンプレート盛り。
d0145094_20281261.jpg

この日も、しゃべりっぱなしで笑いっぱなし。
大きいお腹を抱えて笑うjunko。
それを見ているだけで幸せ♪
遅くに帰って来たヒデは、パエリアだけ突ついて食べていました。
明くる朝、起き抜けにヒデが一言。
「何や~あのナスビみたいな器」。
「えっ?何のこと?」。
「…あ~ピンクの器のことか」。
そういえばペロションさんの器が届いたのは、ヒデが単身赴任になってからのこと。
見せていない器は、まだあるんですが(笑)。
書けば長くなりそうなので、くだらない話はこれぐらいにしておいて^^

junko~。
楽しかったね~。
お腹が大丈夫なら、来月も是非来てね♪

<7.24の献立>
・バーニャカウダ 7種の野菜で
・夏野菜のパエリア
・鴨肉のはちみつ風味焼き きのこ添え
・白いたいやき(junkoの手土産)
[PR]
by miisuke1018 | 2009-07-27 21:12 | Trackback | Comments(6)

ベトナム版のっけご飯

7月17日、お天気が心配でしたが無事、地鎮祭を終えました。
ホッとできたのも束の間。
ギリギリまで悩んでいた床材を決めたり、外壁を決めたりと、
連休はあっという間に終わってしまいました。
せっかくのお休みも、ゆっくりできなかったヒデ。
食べたいものを聞くと、
「タイめしかエスニック系がいい~。」
ジャスミンライスもちょうど切らしたところだったので、
バイマックルー(こぶみかんの葉)やレモングラスと一緒にこちらで注文。
晩ご飯は、ゆっくり家で食べれそうになかったので、
ワンプレートにして、昼ご飯にいただきました。
「ベトナム版のっけご飯」といったところでしょうか。

土曜日は、フレッシュなバイマックルーを使って。
細切りにしたバイマックルーとにんにくのみじん切り、
ターメリック、ごま油、ヌクマム、砂糖をほんの少しに胡椒を入れたボウルに
切った鶏肉をもみこみます。
フライパンで、焼き目をつけて火が通ったら出来上がり。
空芯菜炒めを添えて。
d0145094_20242138.jpg

バイマックルーの爽やかな柑橘系の香りとターメリックの風味で、
食欲がすすみます。
d0145094_202712100.jpg


昨日は、レモングラスを使って。
本当は、刻んだレモングラスたっぷりの土鍋ご飯をする予定でした。
晩ご飯はゆっくり作れそうになかったので、この日もベトナムおかずで「のっけご飯」。
刻んだレモングラスとにんにく、唐辛子をボウルに入れて塩とターメリックも入れます。
鯖の切り身にまぶして、しばらくおきます。
フライパンで揚げ焼きしたら出来上がり。
ヌクマムで調味した、ゴーヤーと卵の炒めものを添えて。
d0145094_2036629.jpg

白身魚や鯛で作るのが美味しいみたいですが、
青魚も臭みもなくて、美味しくいただけました。
d0145094_20375164.jpg

ゴーヤーの方も、ヌクマムを使うだけで一気にベトナムおかず。
ごはんにしみた汁が、美味しいわ~。
おかずとご飯を一緒に頬張るのが、のっけご飯の醍醐味♪
ついでにしじみのスープで、滋養をつけて。


最近、気が付くと頭の中でぐるぐる考え事。
ため息つくことも多い今日この頃。
美味しく食べて飲んで、夏を楽しまなきゃ!

<7.19の昼ご飯>
・鶏肉とバイマックルーのターメリック風味
・空芯菜炒め
・ジャスミンライス
・ワカメのスープ

<7.20の昼ご飯>
・鯖のレモングラス風味焼き
・ゴーヤーと卵の炒めもの
・しじみとトマトのスープ
[PR]
by miisuke1018 | 2009-07-21 21:16 | Trackback | Comments(8)

痛い思いの保存食作り

あ~、痛い(涙)。
というか、ヒリヒリ(涙)。
お湯を触れば激痛が走る、あ~痛い(涙)。
一昨日の夜、晩ご飯を済ませて取りかかった保存食作り。
まずは、しょうがの甘酢漬けから。
d0145094_2028978.jpg

先日届いた、Pinotさん「おいしいから、何度でも」。
本の中に、角切りの新しょうがの甘酢漬けが出ていたので、今回はそれで作ってみました。
上のは、端っこの固まりだけを漬けたもの。
ここまでは、良かったのですが…。

お次は、ゆず胡椒作り。
まずは、青唐辛子の塩漬けの作業から。
昨年は種を取って作ったのですが、これが気に入ったので今年も種取り。
この作業がけっこう大変でして。
毎年、途中で目をこすったりして何度も痛い思いをしています。
今年は、注意しながら作業していたのですが…。
忘れていました!!肝心なこと!!
ゴム手袋をせずに素手でしていたのです。
おかげでピリピリ、爪先から炎が噴出しそうなぐらい痛い!!熱い!!
ビニールの手袋があったのを思い出してしたのですが、
今度はサイズがゆったりしていて、作業がはかどらないのです。
あ~、もう。
結局、手袋を外して半泣きで作業を終えました。
ふぅ~、今日はここまで(涙)
今年は、倍量の1kg仕込む予定でしたがその晩は半量でギブアップ。
重さの13%の塩とフープロにかけて完了。
d0145094_20453261.jpg

あとは、黄ゆずの出回る冬まで冷蔵庫で寝かせます。

今日は、仕事の後ジムに行きました。
サウナに入ったとたん、あの痛さ到来(涙)。
お湯を使ってもヒリヒリするし、気分が滅入ります^^

今年、ゆず胡椒作りにチャレンジする方。
・お風呂に入ってからすること。
・目や鼻の下を絶対にこすらないこと。
・素手で作業するのはもってのほか、必ずフィットするゴム手袋着用で!!
以上を必ず守って、取りかかってくださいね!

冬にはおでんや鍋に欠かせない、美味し~いゆず胡椒が待っています♪

もう一つ、作ったもの。
[PR]
by miisuke1018 | 2009-07-15 21:13 | Trackback | Comments(4)

塩ゴーヤーご飯

ゴーヤーが安くなってきたら作ろうと思っていた「塩ゴーヤー」。
長尾智子さんの「ベジダイアリー」に載っていました。
「塩ゴーヤー」は、ゴーヤーの緑色のところだけをすりおろして、塩で混ぜるだけ。
d0145094_2091254.jpg

何だか、ゆず胡椒みたい^^
これを使ったレシピがいくつか出ていますが、特に気になったのがご飯に混ぜるというもの。
早速、作ってみました。
ご飯の上のステーキは、ピリピリソースでマリネして焼いたステーキをのっけて。
(醤油とみりんも少し入れました)
d0145094_20123045.jpg

d0145094_2025115.jpg

ご飯はサッパリ!
もちろん、苦味がありますが、これがまた合うんです。
ゴーヤー好きには、おススメ♪
私は、かなり気に入りました。
塩ゴーヤーご飯の上には、焼き魚や他の肉などのせて、
レモン汁やナムプラーをふっても美味しいとか。
う~ん、これも試してみたいわ!

裸になったゴーヤーの白い部分はスライスして、週末に作った塩豚の端切れと炒めました。
d0145094_20204232.jpg

こちらも美味しい~。
塩豚に合わないわけがありませんね。
ひとりご飯も、ペロションさんの器に盛っていただけば楽しいひととき♪


さてと、今晩は時間もあるので忘れていた保存食作りをする予定。
[PR]
by miisuke1018 | 2009-07-13 20:40 | Trackback | Comments(2)

夏野菜のパスタ

d0145094_21301135.jpg

ひとりご飯が始まって、まだ10日ほど。
作る分量が多くて、二日続いて同じものを食べる日も少なくはありません^^
今日はどうしようかな~と冷蔵庫を開けると、半端な野菜ばかり眠っています。
なすやズッキーニがあったので、ラタトゥユもいいですね~。
気分ではなかったので、パプリカだけ買い足して今晩はパスタです。

フライパンに、つぶしたにんにくとオリーブオイルを入れて熱します。
にんにくの香りが出たら、小さめの角切りにしたなすとズッキーニ、パプリカを入れて
火を通します。
後始末ついでに、冷蔵庫に余っていた炒めひき肉も入れて。
塩と胡椒、ブイヨンを入れて、少し煮ます。
パスタは、いつもは茹で時間の1分前に上げますが、今日は1分30秒前に。
スープを吸わせるようにパスタを絡ませて、出来上がり。
器に盛って、オリーブオイルを足らして。
さぁ、早いとこ食べちゃいましょう。
d0145094_21294394.jpg

角切りした野菜は食べるのにはスプーンが必要ですが、
さっぱりとした味で夏気分♪
明日の晩は、ヒデも帰って来る予定。
仕事で帰宅が遅くなるので、塩豚を仕込み中。
ついでに、パンナコッタも作りました。


ムシムシした暑い日が続いています。
皆さんのテーブルは、どんな夏ごはんですか?
[PR]
by miisuke1018 | 2009-07-09 21:45 | Trackback | Comments(4)

ペロション・ピンク

IN MY BASKETでオーダーした器が、先日届きました。
私にとっては、初のクリスチャンヌ・ペロションさんの器♪
オーダーするとき、色はピンクでと決めていましたが、
形や素材、価格でかなり悩みました。
いろいろ考えて、浅めの舟型と湯のみをオーダー。
それと、メールで案内してもらったライラック色の小鉢も一緒にいただきました。
(先日のブルーの器もこのときに頂いたもの)
丁寧に包まれた紙を開けるときは、もうドキドキ。
イメージ通りの色や形なのか、実物を見るまでは少し心配。
開けた瞬間、そんな想いは吹っ飛びました。
思っていた以上の色と仕上がりで、しばらくはウットリと眺めていました。
d0145094_20572795.jpg

裏には、ペロションさんのサイン。
d0145094_20585621.jpg

今回のオーダーでは、磁器でお願いしたのですが、これが大正解!
釉薬の流れも綺麗で、心が踊ります♪

湯のみには、出来上がったばかりのアメリカンチェリー酒をロックで。
d0145094_2114522.jpg

アメリカンチェリー酒、とっても美味しくできました。
食前酒にいいですね~。

ライラックの小鉢には、鯵のマリネ。
d0145094_2135895.jpg

最近は、新鮮な鯵をよく見かけますね。
おろした鯵をワインビネガーでしめて、紫玉ねぎの酢漬けと合わせて。
d0145094_216478.jpg

ピンクよりやや紫がかった色が綺麗ですね~。

ピンクの船型には、枝豆とグリル野菜のタブレを盛り付けて。
長尾智子さんのレシピを適当にアレンジしました。
d0145094_21104936.jpg

d0145094_21112145.jpg


ライラックの小鉢に盛ると…。
d0145094_21122912.jpg

ある日は、鴨ねぎサラダを盛り付けて。
d0145094_21132685.jpg

アップにすると…。
d0145094_21141539.jpg


手にとるたびに、ウットリ♪
自然と気分も上がります♪
ついでに、料理の腕も上げたいところ^^

一気にお財布は寂しくなってしまいましたが、
思い切って買って良かった~。
のりちゃん、いろいろとアドバイスありがとう!
大事に大事に使います。
[PR]
by miisuke1018 | 2009-07-07 21:31 | Trackback | Comments(4)

焼き鯖とみょうがの混ぜ寿司


d0145094_12163356.jpg

7月2日は、暦でいう夏至から11日めにあたる日。
その日を「半夏生」といいます。
福井では丸焼き鯖を食べる習慣があり、スーパーでは一斉に
一尾丸ごと焼いた鯖が並びます。
この日は、ひとりご飯だったので買いませんでしたが、
昨日、ヒデから帰ってくるとの連絡があり、
我が家でも、丸焼き鯖をいただきました。
普段は、そのまま食べることが多いのですが、
昨晩は、簡単な混ぜ寿司にしました。

ご飯を炊いている間に、すし酢と具の準備。
みょうがは、縦半分に切って半月に千切り。
自家製の甘酢しょうがも、適当に千切り。
焼き鯖は、骨を取って身をほぐしておきます。
出来上がったすし飯に、白胡麻とみょうが、甘酢しょうがを混ぜて、
ほぐした鯖もさっくりと混ぜあわせます。
器に盛り付けて、千切りの大葉をのせたら出来上がり!

待ちきれないので、お先に食べることに。
鯖に塩気が足りなかったみたい。
身の方に、塩をしてあげた方が良かったかも。
暑い日のすし飯は食欲が進みますね~。
d0145094_12175766.jpg


副菜には、冷凍しておいたささみ(にんにく醤油につけて焼いておいたもの)
を解凍して白髪ねぎと和え黒ごまを混ぜます。
塩と胡麻油で調味して出来上がり。
最後に石垣島らー油を垂らしていただきます。
d0145094_12182339.jpg

これは、箸休めにもお酒のお供にもいいですね。

ブログを書きながら、昨年の半夏生はどうだったのか見てみました。
こんな晩ご飯でした。
最近は、仕事が忙しくてかなりお疲れ気味のヒデ。
少しはスタミナがついたかしら。

<今晩の献立>
・焼き鯖とみょうがの混ぜ寿司
・ささみと白髪ねぎの和え物
・きゅうりのぬか漬け
・あさりの味噌汁(赤だしで)
[PR]
by miisuke1018 | 2009-07-04 12:28 | Trackback | Comments(6)

静岡 由比の味 「釜揚げしらす編」

d0145094_20135216.jpg

昨日は早めに晩ご飯を食べて、ヒデはたくさんの荷物を持って家を出ました。
今日から、平日はひとりご飯。
昨晩、ヒデに作った冷製パスタが美味しくできたので、
今晩も作ることにしました。
冷製パスタにした「釜揚げしらす」はこちらでお取り寄せしたもの。

作り方は、とっても簡単。
ボウルに「釜揚げしらす」と、このときのパスタにも使った五味一体、
レモン汁、塩、胡椒でソースを作っておきます。
これで出来たも同然。
カッペリーニを茹でて、氷水でしめたらソースで和えます。
おっと、ネギも忘れずに!
今晩は、パスタはメインではないので50gほど。
本当は前日、燻製醤油(これ頂き物なんですがメチャうま!)に黄身を漬けておいたので、
トッピングしようと思ったら、崩れてしまいました(涙)
d0145094_20285146.jpg

醤油に漬けた黄身とパスタだけでも美味しいかもしれませんが、
しらすのうま味と塩加減で、めっちゃ好み~。
五味一体の力もあって、香り高く仕上がりました。

盛り付けた器は、クリスチャンヌ・ペロションさん。
初!ペロション!!
d0145094_20344831.jpg

本命のピンクの器を何点かオーダーしていました。
入荷の案内をいただいて気に入ってしまったのがこのボウル。
大嶺さんのブルーに合わせたくて1つだけお買い上げ!
(といっても、値段も値段なのでかなり悩みましたが^^)
ロイヤルブルーのこの器、実物はもっともっと綺麗な色でウットリしちゃいます。
ゆるやかなたわみが、優しい雰囲気。
緑の野菜も映えそうですね。

ひとりご飯は、始まったばかり。
なにより、ヒデの食生活が心配。
これからは、ストックできるものを持たせてあげないと…。

日々の食事って本当に大切ですね。

<今晩の献立>
・釜揚げしらすの冷製パスタ
・チキンカツレツ(カツにはチーズを挟んで、バターで作ったケッパーソースをかけて)
・グリーンリーフのサラダ

P.S ピンクの器は、改めて紹介します♪

一昨日の晩ごはん
[PR]
by miisuke1018 | 2009-07-01 21:09 | Trackback | Comments(12)