テーブルの真ん中

miisuke08.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ズッキーニとじゃがいものオーブン焼き

最近、マイブームの長尾智子さん。
著書の「デイリーフード」を買ってからは、続けざまに長尾さんの料理本を購入。
シンプルですが、野菜の持ち味をしっかり出すプロセスや扱い方が素晴らしいのです。
スーパーの産直売り場で買ったズッキーニがあったので、献立してみました。

スライスしたじゃがいもは、水にさらしてから固めに茹でておきます。
エンボスフライパンにズッキーニとじゃがいもを交互に並べたら、
オリーブオイル、ハーブソルトをかけ、最後にもう一度オリーブオイル
をかけて、230℃のオーブンで30分。
(レシピでは、ハーブソルトではなく、エルブ・ド・プロヴァンスという
南フランスのミックスハーブを使用)

いい具合に焼き上がりました。
d0145094_20392228.jpg

シンプルですが、ほっくりとした味わい。
鉄のエンボスフライパンで焼いたせいか、底の方のじゃがいもはカリッカリ。
まるで、フライドポテトのような味と食感♪

d0145094_2145465.jpg

ワンプレートにしたのは、いわしのソテー。
これにも、ハーブソルトを使いました。
盛り付けたら、あらかじめ作っておいたにんにくパン粉をふりかけます。
相性抜群の焼きトマトを添えて。
ハーブブイヨンで炊いたご飯にトマトの味がしみて美味しい~。
いわしは全然生臭くないし、小骨も食べられました。

来月から3ヶ月、週末婚となる私たち。
なるべく美味しい晩ごはんをと、いつも以上に考える日々。
残しておいたズッキーニとじゃがいものオーブン焼きを、あと少しだけ、もう少しだけ…
と食べていたら、これだけなっちゃった~。
d0145094_21134098.jpg

仕事で遅いヒデには、ご飯を大盛りにして誤魔化しますか(笑)

<今晩の献立>
・ズッキーニとじゃがいものオーブン焼き
・いわしのソテー
・焼きトマト
・ブイヨンで炊き込んだご飯
[PR]
by miisuke1018 | 2009-06-28 21:59 | Trackback | Comments(2)

タイ風ひき肉ごはん

d0145094_924325.jpg

独身の頃から、よく行くお店の人気メニューの一つ。
家庭でも作りやすく教えてもらってからは、たびたびテーブルに登場します。
合びき肉を安く買ったときには、まとめて作るタイ風ひき肉ごはんの「素」。

昨日はエスニックにぴったりの暑い一日でした。
午後からは出かける予定だったので、午前中に「素」だけを作って。
油の中にみじん切りのにんにく唐辛子を香りが出るまで炒めたら、
みじん切りの玉ねぎを入れて、水分が出なくなるまで炒めます。
ひき肉をパラパラになるまで炒めます。ここで少し塩を入れて。
クローブ、シナモン、クミンシード、コリアンダー、カイエンヌペッパーなどのスパイスを
振り入れます。
ナムプラーとレモン汁を入れ塩とこしょうで味を調整して、
フレッシュミントの葉をたっぷり入れてできあがり。

帰宅後、タイ米を炊いて簡単に春雨とワカメのスープ作り。
プレートに、ご飯と茹でたインゲン、パクチーを散らして混ぜながらいただきます。
お腹が空いていたので、二人とも二杯も食べてしましました。

暑い季節がやってきました。
エスニックがテーブルを彩る日も増えそうです。
[PR]
by miisuke1018 | 2009-06-28 10:29 | Trackback | Comments(0)

梅しそシロップ

一昨日買った1kgの青梅。
昨日は、帰宅してからすぐさま青梅を水に漬けました。
とたんに、部屋中いい香り~。

その後出かけた先は、miisaさんのところ。
ボディは、最近足や肩が疲れやすいので今月二度目のケア。
いやいや、最近太り気味だからというのが本音です^^
私用にブレンドされたアロマオイルで、贅沢に2時間たっぷりマッサージ。
触るだけで、気になるところや疲れているところがわかってしまうmiisaさん。
恐るべし、そのゴッドハンドに身をゆだねて身体はスッキリ。

昨日はひとりご飯。
うどんで簡単に済ませて、梅しそシロップ作り。
これは、最近ハマッている長尾智子さんの「ベジダイアリー」のレシピ。
数時間漬けた青梅は、なりくちを取って縦に切れ目をぐるっと入れて割ります。
消毒した保存瓶に入れて、赤しそで作ったシロップを注ぎ入れて蓋をします。
2~3週間で出来上がるそう。
d0145094_20553975.jpg

シロップを多めに作ったので、氷を入れてゴクリ。
しその香りとすっきりとした飲み口。
なんともいえない、い~色♪
d0145094_20563061.jpg


青梅を入れると、どんな味に変化するのか今から楽しみ。
やっぱり、梅酒も作ろうかな~。
[PR]
by miisuke1018 | 2009-06-25 21:04 | Trackback | Comments(4)

静岡 由比の味 「生桜えび」編 Part2


d0145094_1948172.jpg
昨日の大雨とはうって変わって、今日はいいお天気でしたね。
久しぶりに、ガスコンロやトースター、エアコンなどを徹底的に掃除。
午後からは、ジムに行っていい汗をかきました。

明日から、飲み会が3日続くと言っていたヒデ。
今晩は、残り1パックの「生桜えび」でがんもどきを作りました。
しっかりと水切りした木綿豆腐は、フープロにかけてなめらかにします。
溶き卵と枝豆、生桜えびを入れたら、小麦粉で調整。
少しだけ塩を入れました。
手に油をつけて丸くしたら、こんがりと揚げます。
あつあつのうちに食べましょう!
d0145094_194589.jpg

ううっ!!ウマイ~!!
かき揚げのときと同じく、箸でアップにしてみました。
プリップリの桜えび♪
なんで、もっと早くお取り寄せしなかったんだろう^^
これは、干したものでは絶対に味わえない美味しさ。
d0145094_1949249.jpg

生の桜えびを堪能したかったので、少しだけわさび醤油で刺身を。
d0145094_226547.jpg

う~ん!とっても甘い!
これまた、えび好きにはたまらない美味しさ。
他に作ったのは、
以前から食べてみたかった谷中しょうがの豚バラ巻き。
d0145094_19522087.jpg

しょうがは辛くないので、バクバク食べれます。

himawariさん
のブログにも載っていましたね。
今晩の献立は、ご飯よりお酒がすすむ献立。

ぬか漬けの季節になりました。
[PR]
by miisuke1018 | 2009-06-23 21:26 | Trackback | Comments(8)

静岡 由比の味 「生桜えび」編


d0145094_22134331.jpg
やっと、この日がやってきました!
な~んて大げさですが、それぐらい楽しみにしていました。
いよっ!!「生桜えび」!!
何にしようかすっごく迷ったのですが、かき揚げに。
るるさんのを、お手本にして。
生桜えびだけを衣でまといました。
揚げた香りがプ~ンといい匂い♪
d0145094_23513100.jpg


まずはそのままで、一口。
う~ん、るるさんが言っていたようにもっちりとして、グー。
二口めは塩をつけて。
う~ん、こっちの方が甘みが出て美味しい~、グーグー♪
d0145094_220576.jpg

かき揚げに合うかな~と思って作った献立は、
今が旬の新しょうがの炊き込みごはん。
みじん切りの薄揚げと帆立貝柱の水煮は、先に炊き込んで。
炊き上がったら、多すぎかな、と思うぐらいの新しょうがのみじん切りを加えて混ぜます。
d0145094_2362556.jpg

これ、大成功!!
新しょうがの香り抜群。
薄揚げのコクと貝柱のうま味も手伝って、はいお替わり♪
自家製のぬか漬けときゅうりと若布の酢の物を添えて。

しめ鯖は、スーパーで購入したもの。
最近は、半身を真空パックされたものが売っていて、これがなかなか美味しいのです。
こちらは、ワサビ醤油でいただきました。
d0145094_22123824.jpg

ふ~、今晩は大満足の晩ご飯。
生の桜えびも、釜揚げの桜えびも、まだ1パックずつ在庫があります。
まだまだ、由比の味を堪能できる幸せ。
次は、何を作ろうかしら。

<今晩の献立>
・生桜えびのかき揚げ
・新しょうがご飯
・しめ鯖
・きゅうりと若布の酢の物
・自家製きゅうりのぬか漬け
[PR]
by miisuke1018 | 2009-06-19 22:31 | Trackback | Comments(8)

落選したもの

1週間ほど、うちご飯を更新していません。
作ってないわけではないのですが。
手抜きだったり、簡単だったりでブログにするほどでもなくて^^
写真を撮ってもイマイチだったりで
更新に至らなかったり…。
使わない画像は、すぐ消去してしまうのですが、
つい最近作ったもので、更新に至らなかったごはんたちを載せてみました。
(ネタ不足みたい)^^

きゅうりが安くて大量買いしたときに作ったもの。
バンバンジー。
d0145094_21235532.jpg

残ったきゅうりでつくった、カッパサンド。
有元さんのレシピが美味しそうだったので。
d0145094_2126126.jpg

先週作った海老ワンタン。
粗めに切ったレンコンがポイント。
シャキシャキして美味しい~。
d0145094_21274585.jpg


今日は、朝から絶飲絶食。
検査が終わって、病院から帰るときにはガッツリ食べたいモード。
豚バラの甘辛煮を作りました。
野菜は、冷蔵庫に眠っているのをすべてせん切りにして。
d0145094_2133466.jpg

これも、いつもなら落選確実。
こうやって、日の目を見れて良かったな^^
[PR]
by miisuke1018 | 2009-06-18 21:41 | Trackback | Comments(4)

やわらかな白

6.13(土)から始まっている、季の雲での岡田直人+新宮州三 展」。
昨日は、二人ともお休みだったので車を飛ばして行ってきました。
今回の個展は、白い磁器と黒い漆のコラボ。
入ってすぐ目に飛び込んだのは、蓋が黒い漆のフタモノ。
入れ物は岡田さん、蓋は新宮さんというモノトーンの世界に魅せられてしまいました。

個展をやっている1Fと常設の2Fへ行ったり、来たり。
作家さんの器を穴が開くほど見つめて、いくつか連れて帰りました。
久しぶりにお買い物をしたら、袋も以前の無地ではなくスタンプ入り。
しわ加工もいい感じ。
d0145094_20495518.jpg

袋から出すと、丁寧に梱包されていてオーナーの心遣いが嬉しい。
d0145094_2051166.jpg

連れて帰ったのは、岡田さんの器。
リンカ小皿とピッチャー
d0145094_20524326.jpg

リンカ小皿は、以前から気になっていたもの。
オリーブオイルを入れるのに、使いたくて。
どこか、ヨーロッパを感じさせる器。
d0145094_2053507.jpg

ピッチャーは、ソース入れにもいいかな~と思って。
d0145094_20565223.jpg

そして、最近ずっと探していた一輪挿し。
好みのものを見つけちゃいました。
d0145094_20582388.jpg

長さや口の大きさも微妙に違っていて、
全部並べて選んだ、この口が気に入りました。
d0145094_2105695.jpg

裏のあじさいを挿してみました。
d0145094_212479.jpg

滞在はほんの30分でしたが、久しぶりにオーナーとも少しお話しが出来て、
有意義な時間を過ごせました。
目下、気になっているのは8月の市川孝さんの個展。
なにがなんでも、初日に行かなきゃ!!
[PR]
by miisuke1018 | 2009-06-16 21:21 | Trackback | Comments(4)

静岡 由比の味 「釜あげ桜えび」編

d0145094_217714.jpg

先日、お取り寄せした「桜えび」。
「釜あげ桜えび」は、どう使おうかず~っと考えていました。
そら豆と一緒に炊き込みご飯に、と思っていましたが、
パエリアにしてみました。
いつもの要領で作り、そら豆は半分を先に炊き込みました。
蒸らすちょっと前に、「釜揚げ桜えび」と残りのそら豆を入れて、10分蒸らして出来上がり!
d0145094_21182582.jpg

桜えび!プリップリの食感!
生しらすと同じく、初めての味♪
サフランを入れたので、風味が負けてしまうかな~と心配しましたが、
大丈夫、えびの風味もしっかり。
何より、この色が食欲をそそりますよね。
d0145094_21214944.jpg

レモンを絞っても美味しい♪
一緒に作った、人参スープを添えて。
d0145094_2123545.jpg

クミンシードの香りが効いて美味しいのですが、
パエリアには合わなかったかな^^

「釜揚げ桜えび」の賞味期限は、09.9.30。
あと1パックは、しがらく冷凍庫にキープしておこうっと。
「生桜えび」は、どう料理しようかな。
やっぱり、王道のかき揚げかしら。
こちらも、楽しみ~。


<今晩の献立>
・桜えびとそら豆のパエリア
・新じゃがとたこのケイパー風味
・人参のスープ(クミン風味)

アメリカンチェリー酒のその後。
[PR]
by miisuke1018 | 2009-06-10 22:37 | Trackback | Comments(8)

静岡 由比の味 「生しらす編」

静岡の沼津から、いつも美味しい料理やグルメ情報など、
素敵な写真を交えたブログが人気のるるさん
結婚したばかりのときにネットで出会いました。
器病にハマッたきっかけは、るるさんなんですよ。

るるさんのブログで気になっていた静岡の味のひとつが「生しらす」。
一度食べたかったので、おススメの店などを聞いて早速お取り寄せしました。
今晩は、人生初の「生しらす丼」にしました。

調理はいたって簡単。
生しらすと炊きたてのご飯があれば、OK。
ご飯をよそって、おろし生姜とネギを添えたら、いただきま~す!!
d0145094_21321742.jpg

醤油をかけて、ほおばった瞬間。
ヒデと二人
「めっちゃうまっ!」
「あ~ヤバイわ~。ペロッといけてまうよ~。」
ものの数分で完食。
「おかわりもあるよ~。」
「マジで!?」
「うん、マジ、マジ。」
「次は卵黄入れてやで。」
d0145094_21401470.jpg

しらすが隠れてしまっています^^

う~ん、こちらもメッチャうま~い!!
意外や意外。
二人とも、こちらの方が好みでした♪
卵黄のコクが、しらすの味を引き立てている感じ!
より、しらすの味が口の中に広がるんですよ~。
100g入りの生しらすを2パック消費しちゃいました。

実は、一緒に取り寄せた「生桜海老」や「釜揚げ桜海老」、
「素干し海老」も冷凍庫でスタンバイ中。
う~ん楽しみ、楽しみ。
まだまだ、由比の味を堪能しまっせ~。
るるさん!本当にありがとうございました!!

<お取り寄せ先>
 原藤商店
フリーダイヤル0120-760052
   FAX (0543)75-5231
[PR]
by miisuke1018 | 2009-06-07 22:15 | Trackback | Comments(4)

アメリカンチェリー酒

d0145094_19511991.jpg

あいこ姫さんのブログで見た「アメリカンチェリージャム」。
美味しそうだな~と思っていたら、最近ついつい視線がチェリーに。
ジャムも作りたかったのですが、飲んべえとしては果実酒も気になるところ。
いろいろ検索して見つけたレシピで、「アメリカンチェリー酒」を作りました。
果実酒はホワイトリカーで作るのが一般ですが、奮発してホワイトラムで作ることに。
出来る限り美味しく飲みたい、飲んべえ魂!!
1週間後にレモンは取り出して。
出来上がりは1ヶ月後だとか。
飲み頃には、ルビー色に仕上がるのかしら。
晩酌の楽しみがまたひとつ増えました^^

       <レシピ>
アメリカンチェリー  600g
ホワイトラム      1本(マイヤーズラム)
レモン          1個
氷砂糖          80g(好みで加減してください)

       <作り方>
アメリカンチェリーは洗って軸を取り、水気を拭いたら楊枝で5箇所ほど穴を開けます。
消毒した瓶に、ホワイトラムを入れチェリーを入れます。
綺麗に皮を剥いて輪切りしたレモンも瓶に入れます。(白いワタも丁寧に取り除くこと)
氷砂糖を入れて、あとは時間におまかせ♪




今晩のひとりご飯
[PR]
by miisuke1018 | 2009-06-03 20:12 | Trackback(1) | Comments(14)