テーブルの真ん中

miisuke08.exblog.jp

<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

皆さまよいお年を!

今年も、残り数時間となりました。
1月から始めたブログも、どうにか続けてこれました。
流産という辛い経験もしましたが、
こちらで出会った方々や、家族、たくさんの友人に支えられ
今年も充実した一年を送ることができました。
本当にありがとうございました。

来年も、よろしくお願いします!
皆さまに、幸多き年でありますように。
[PR]
by miisuke1018 | 2008-12-31 20:06 | Trackback

亀甲の重箱

d0145094_2215425.jpg

鯖江市の河田に工房をかまえる「錦壽」
昨年の暮れ、こちらで亀甲の珍しい形に惹かれ重箱を購入。
とはいえ、使わずじまいだったので、迎える正月には使いたくて、
今夜からおせち作り開始です。
昼間は、切羽詰まってやっと終えた台所の大掃除。
紅白なますと田作りを終え、今から栗きんとん作りです。
掃除のおかげで、腰が痛くて何だかぼ~っとしているし^^
スリムに見えた重箱も、思っていたより入りそう。
うまく詰めれるかしら、少し不安。
d0145094_2224884.jpg

毎年、少しづつですが心を込めて作るおせち。
丁寧に作る、その時間を楽しみたいと思っています。
上手に出来たら、明日にでもアップする予定。
あ~~~、録画中のアメト-----ク、早く見たいよ~。
[PR]
by miisuke1018 | 2008-12-30 22:13 | Trackback | Comments(4)

クリスマスのワンプレートごはん

d0145094_21274630.jpg

昨日は、久しぶりに二人一緒の休み。
一日早い、クリスマスを♪と思っていたのに、ヒデが熱で寝込むことに。
チキンは、先日も焼いたので、イベリコ豚を…と思って解凍していたのですが、
今晩のひとりごはんになりました。
イベリコ豚は、シンプルに塩、胡椒して焼き、最後にバルサミキ酢とほんの少し醤油。

根菜の皮つきグリルは、有元葉子さんのクッキングクラスで習いましたが、
そのときは、丸ごとのグリルでした。
今晩は、有機の人参とれんこんを厚切りにして、セージと塩、オリーブオイルで
からめて、220℃で30分。
人参の甘さと、れんこんの皮の香ばしさにビックリ!
ローストしただけのシンプル料理。
ホントに、美味しい♪

焼き野菜は、魚のグリルで。
しなびたディルと使い残りの大葉、にんにく、塩、胡椒、オリーブオイルを
フードプロセッサーにかけて、簡単グリーンソース。
たっぷりと野菜をいただきます。

気分を出すため、灯りを消して蜜蝋のろうそくを。
d0145094_21324292.jpg


最近、再放送されている「29歳のクリスマス」を撮りだめしてあるので
見ながら、クリスマス気分。
松下由樹は細いし、柳葉敏郎も若い、若い。
いや~、山口智子の肩パッド入り長めのジャケットが懐かしすぎます!!
皆さん、素敵な夜を過ごしていますか~^^
[PR]
by miisuke1018 | 2008-12-24 21:51 | Trackback | Comments(4)

おめでとう!ヒデ

クリスマスまで1週間となった今日は、ヒデの誕生日。
最近、一緒にご飯を食べることも少ないので、
今晩は、ゆっくりうちご飯。
まぁ、うちご飯が定番の我が家ですが^^
誕生日の今日、人生初めての人間ドックを受けたヒデ。
大の病院嫌いな彼は、帰るなり「緊張状態が、4時間も続くってどう思う?
そっちの方が、体に悪いわ」ってあんた子供か!

さてさて、献立はのメインは魚。
エル・ア・ターブルのレシピから、ずっと作ってみたかった鯛のファルシ。
お腹にたっぷりファルシを詰めるため、はさみで中骨を切って抜くんです。
この作業が思っていたより大変で一苦労。
格闘しながらも何とか終了。
ファルシは、茹でたほうれん草やバターでソテーしたマッシュルーム、
ゆで卵のみじん切り、etc…。
天板に、ワインを入れオーブンで20分。
焼き汁は、漉して生クリームと煮立て、塩、胡椒、レモン汁でソースに。
出来上がりは、こんな感じ。
丸ごと一匹の鯛、それだけでも華やか♪
d0145094_22591647.jpg

ナイフを入れると…。
d0145094_2301742.jpg

中骨がないといっても、鯛の骨は固いので、食べるときは少々手間ですが^^、
我ながらすっごく美味しかったんです~♪
結構、味も上品というか。
ウチのレシピ入り、決定です!!

前菜には、刺身の帆立のトマトソースを。
d0145094_236105.jpg

行正り香さんのレシピから拝借。
皿に敷いたトマトソースは、トマトを皮ごとおろしてE.Vオイルと塩、白ワインビネガーを
混ぜるだけ。
スライスした帆立を並べたら、すり鉢ですったバジルにE.Vオイル、レモン汁、
塩で味付けしたソースをタラ~っとかけて…。
黒胡椒、オイルを回りにかけて出来上がり。
白ワインと相性ピッタリの味。
すっただけのトマトが、帆立の甘みを引き立てます。

サラダは、みょうがとしらすのサラダ。
d0145094_23134140.jpg

グリーンリーフとせり、みょうがのスライスとしらすはたっぷりと!
食べるときに、E.Vオイルと塩、胡椒、レモン汁をかけて混ぜていただきます!
しらすの塩気と、みょうがの風味がアクセント。

食後は…
[PR]
by miisuke1018 | 2008-12-17 23:39 | Trackback | Comments(8)

台湾旅行 4日目

7:00起床。昨日の、痛いマッサージのおかげか、スキッと目が覚めました。
今日は、最終日。
12:00には迎えが来るので、急いで身支度と、パッキング。
今日も、昨日行った雙連朝市へ♪
どうしても行きたかった店を探すと…。
あった、あった、昨日も何度も通っていたのに素通りしていました^^
食べたかった意麺(25元)と湯青菜(25元)を注文。
しばらくして、待ちに待った麺が登場!
d0145094_224447.jpg

もやしなどの野菜と麺を、よ~く混ぜて一口。
味付けは醤油ベースで、かなり私好みの味。
わぁ~、これもハマりそう。
店を見つけられて、う~ん幸せ♪
青菜の方も、トッピングにフライドオニオンが効いていて美味しい。

次は、ヒデが行きたかった魯肉飯の店へ。
9:00オープンとなっているのに、準備中。
待っている時間ももったいないので、「永和世紀豆漿大王」へ。
ここは、豆乳の美味しい店。
冷たい豆乳(15元)とクレープに卵焼きが巻いてあるような蛋餅(20元)を注文。
d0145094_2244747.jpg

豆乳は、甘みとコクがあり、とっても美味しい。
普段は、豆乳を好まないヒデも、ゴクゴクと。
オムレツは、軽~い食感で、パクッといけちゃう。
食べ終えて、再び魯肉飯の店「雙連街魯肉飯店」へ。
主人が、OK!と合図してくれ、店内へ。
魯肉飯(30元)と鶏肉飯(35元)を注文。
d0145094_2251365.jpg

魯肉飯は、想像していた通りの美味しさだったけれど、
鶏肉飯が、とても美味しい!
鶏の染み出たダシも、ご飯にぴったり。
ヒデが、「米がウマイな~」と一言。
私は、そこまで分からない^^

大満足の朝食を終え、ホテルに戻り再度パッキングのチェック。
空港へ向かう際、DFSに寄ったけれど、私達はここでも、近くの店に入り、
最後の食べ収め。
台湾ならではの、牛肉麺と乾麺を食べました。
d0145094_2261696.jpg
d0145094_226389.jpg

最終日なので、ラストスパートをきかせ、ごちそうさま!

旅は、家に帰るまで…といいますが、
飛行機が台北をあとにしたとともに、旅が終わってしまった、そんな気がしました。

台湾の魅力は、じわじわとくるものがあります。
気がつけば、どっぷりはまってしまう。
そんな、底知れない魅力満載の国。
台湾に行きたいな~と考えている人には、是非おススメしたい「美食の国」です。
[PR]
by miisuke1018 | 2008-12-14 22:12 | Trackback | Comments(8)

台湾旅行 3日目

8:00起床。今日も、すこぶる快晴日。
淡水か九份へ行くか、候補があがって九份に決定!
まずは、雙連朝市へgo!!
ここは、旅で一番のお気に入りの市場となりますが、
まぁ~朝から活気があって、とても元気が良いのです!
こちらも、エネルギーを一杯もらいました。
お目当てのところが見つからず、燕山湯○へ。
ちょうど、日本語ができるおばさんが話しかけてきました。
その人が食べているものと同じものを注文。

小さい餅と春雨入りのスープ(40元)
餅の中には、肉が入っていてジューシー。
これが、朝にぴったりの味。
d0145094_22143678.jpg

小腸みたいなものは、客のほとんどが注文していたもの。
キムチ味のキャベツとしょうがを混ぜて食べます。
d0145094_2216653.jpg

これは、酒のあてでもいけそう♪
ちまきも食べて、腹ごしらえはOK。
朝市を散策して買い物をし、いざ九份へ!
私達は、普通の切符を買ってしまったため、基隆で乗り換え。
少し手こずってしまい、自強号(座席指定)よりかなりかかってしまいました。
何とか瑞芳駅に着いて、安堵の二人。
ここから、バスに揺られて20分で九份に到着♪
ここは、「非情城市」の舞台のなった地(見たことはないのですが)

町歩きの疲れを癒しに「九份茶坊」でお茶を。
お店も、どこへ入るか幾つか候補がありましたが、ここにして良かった~。
アンティークの調度品が、さらに雰囲気を醸し出しています。
高度が少し高い、ここからの眺めも素晴らしい!
d0145094_224779.jpg

案内された部屋で、おススメの杉林渓中烏龍茶と茶葉入りチーズケーキを注文し、
可愛いお姉さんが、お茶の煎れ方を説明してくれます。
若干、私の横顔が写っていますが…スイマセン^^
d0145094_2250634.jpg

ここでは、時間もゆるやかに流れていきます。
ゆったりとお茶をした後は、お姉さんとお話しながら、いくつか茶器を選び購入。
こちらは、また後日アップしますね。

ここに来たからには、あそこへ行かないと…。
映画「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったという場所。
d0145094_22572374.jpg

ノスタルジックで、懐かしい感じもする空間。
九份で、充分にエネルギーチャージをし、後にしました。

台北駅に着いたときには、もうすっかり夜。
今晩は、決めていた「高屋荘」へ。
d0145094_23254353.jpg

ここは、Mixiでチェックしていた店。
中山駅のメイン通りにあるので、すぐ分かりました。
どちらかというと、地元客がほとんどのディープな雰囲気。
飲み物は、お約束どおりコンビニで調達して。
まずは、紅焼大腸と魚卵のサラダ、米苔目(うどんみたいなもの)を注文。
d0145094_23251669.jpg

大腸!!めっちゃ美味しい!!
うどんも、もっちりとしていてダシはさっぱり。
安心して、紅焼肉も注文。
紅麹につけてあるのか、肉は赤みを帯びていて、米みたいのが衣なのか
カリッと揚げてある。
これは、甘みのあるソースに付けて食べます。
d0145094_23282980.jpg

外で食べるには、かなり肌寒いけどビールとの相性抜群!

大満足のご飯の後、帰りに夜市に寄ろうかとも、よぎりましたが、
おとなしく西門へ。
ヒデが、「阿宗麺線」に寄りたい!と言うので向かい、看板メニューの麺線(小)を注文。
d0145094_23333196.jpg

イメージしていたものと違って、かつおダシが効いていて美味しい!
お酒の後にもピッタリです。
昨夜も買ったから揚げを買い、ホテルに戻りました。
シャワーを浴びて、ホテル前のマッサージへ。
かなり痛くて、顔もひきつりっぱなし。
これで、疲れが取れるなら~とガマン、ガマン。

明日は、日本へ帰る日。
昼までのフリーの時間、びっしりいきますよ~。
[PR]
by miisuke1018 | 2008-12-12 23:47 | Trackback | Comments(4)

台湾旅行 2日目

8:00起床。今日も快晴。
昨夜が寒かっただけに、暖かく感じる。
台湾は、タイやベトナムと違って、朝早くからオープンの店が少ない。
まずは、小龍包を食べに日本でも有名な「県泰豊」へ。
小龍包とサンラータン、豚肉炒飯を注文(400元)
d0145094_2011312.jpg

レンゲに、しょうがを載せていただきます。
d0145094_20124264.jpg

う~ん、小龍包よりサンラータンや炒飯の方が美味しかったかも?
でも、「県泰豊」へ行ったということで、満足。

腹ごしらえした後は、地上101階の超高層ビルに向かいました。
展望台の景色をよそに、行ったのは地下のスーパー。
いろんな食材や調味料を、ゆっくり見て買い物。

相変わらず、変なネーミングを見つけると撮るヒデ。
d0145094_2219262.jpg
d0145094_22192594.jpg
d0145094_22194336.jpg

帰りに、龍山寺駅によって、胡椒餅(35元)を買ってパクリ。
d0145094_2024536.jpg

大きめに切った肉とネギが、たっぷり。
八角の効いたスパイスが、ここでも口中広がります。

お次は、最近では定番となった市場巡りへ。
まずは、南門市場。
期待通り、楽しくてアドレナリン大放出(笑)
たくさんのお惣菜が並んでいます。
d0145094_20333142.jpg

葱餅や饅頭などの専門店。
d0145094_20342313.jpg

乾物や豆類、米を売っている店。
d0145094_2184871.jpg

いろいろ見回って、金華ハム(280元)とからすみ(300元)を購入。

続いて、迪化街エリアへ。
ここは、かなり古い町並み。
お目当ての店まで着くが、目ぼしいものもない(泣)
かなり歩いたので、竹かごを思わず購入。

帰りは、「徳也茶喫」でお茶を一服。
d0145094_21105327.jpg

d0145094_21132592.jpg


一旦、ホテルに荷物を置き、晩ご飯をどこにするか2人で会議^^
さんざん悩んだあげく、「天香回味」に決定!
60種類以上のスパイスを使った薬膳鍋、というのと
たくさんの野菜を食べたい!というのが決め手!!
辛めのスープと、そうでないスープを楽しめる2色鍋を注文。
d0145094_21161753.jpg

具材は、羊肉や豚肉、あとは野菜いろいろ。
d0145094_21164328.jpg

店員さんおススメの辛いスープ2に対し、辛くないスープを1で合わせたスープ。
一口、飲んでみる。ん~ウマイ!!
やっと、この店の人気に納得しました。
パクチーも、この鍋との相性抜群。
水菜を食べるように、たっぷり食べれて、いや~満足満足。
満足ついでに、帰りは「足満足」というマッサージ屋で足裏マッサージを。
ホテルに戻ったのは、深夜1:00過ぎ。
さすがに、眠らない台湾の夜も、日曜なのかひっそりとしています。
明日は、どこへ行こうか?
ベッドに入るとすぐ、深~い眠りについたのでした。
[PR]
by miisuke1018 | 2008-12-09 21:33 | Trackback | Comments(6)

牡蠣フライ

最近、晩ご飯を作るのがおろそかになっています。
今日は休みだったので、前からずっとリクエストされていた牡蠣フライを。
しかも、タルタルソースで食べたいらしい。
揚げ物をするのは久しぶりだな~と思いながら、先にソース作りを。
ピクルスは、以前作った青梅のピクルスを刻んで入れてみました。
梅だけ食べても、ぽったりとして美味しい!
牡蠣は、小さいものは二つあわせてちぃっぴり偽装(笑)

ヒデの帰宅を見計らって、油を加熱。
揚げすぎに注意して。
たっぷりのキャベツを添えていただきます!
d0145094_23342798.jpg

タルタルソースは、梅の酸味が脇役となって結構いけるかも!
箸休めには、セロリの浅漬けを。
シャキシャキして、すすみます。
d0145094_23393333.jpg

他は、大したものを作らなかったのですが、念願の牡蠣フライに感激のヒデ。
めずらしく、「やっぱり、家で食べるのはいいな~」。とつぶやくように一言。

手抜きせず、ちゃんと作らなきゃ!
と、反省した夜でした。

<今晩の献立>
・牡蠣フライ
・七分つきのご飯
・セロリの浅漬け
・めかぶ
・なめこと若布の味噌汁
[PR]
by miisuke1018 | 2008-12-08 23:56 | Trackback | Comments(0)

台湾旅行 1日目

10:00名古屋発、チャイナエアラインで台北へ。
時差は1時間。台北時間で12:30着。
これから始まる美味しいもの探し♪
機内食にはほとんど手をつけなかったので、お腹がかなり空いている。
ガイドさんにホテルまで送迎してもらい、遅めの昼食へ。
まずは、ホテルから近い「桃源街牛肉麺」へ。
看板のない店の中には、既にたくさんの人。
牛肉麺のスープは、ピリ辛と澄まし汁とあって、2人とも澄まし汁を注文(150元)
テーブルにおいてある高菜を入れて、まずは一口。
d0145094_19352324.jpg

美味しい!透き通ったスープは、優しい味。
麺は、かなりもっちりしていて沖縄のソーキそばにも似てる気が。
牛肉は、とろりと柔らかい。
途中、ラー油のような調味料を足して、少し辛めにして食べるとまた違った味。
これまた美味しい。
ボリュームもあるので、お腹も満足。
外では、おじさん達が分担して作っています。
d0145094_1943166.jpg

ホテルへ一旦戻って、西門エリアに。
土曜日だからか、人や屋台でにぎわっています。
d0145094_19505242.jpg

夜ご飯は、士林夜市へ。
台北最大の夜市です。
人、人、人の山。
d0145094_19583095.jpg

テーブルも空きがなく、行きたい屋台にも行けそうにない。
とりあえず、たまたま席の空いた店に入り、虫可仔煎と臭豆腐を注文。
牡蠣が入ったオムレツのようなもの「虫可仔煎」
d0145094_20103050.jpg

店の選択が悪かったのか、臭豆腐もイマイチ(写真なし)
二つとも、ほとんど残す羽目に。
初日の夜が失敗とは、絶対に許されないので(笑)、
場所を変え寧夏路夜市へ。

こちらは、あまり大きくはないけどゆったり見れそう。
d0145094_20182683.jpg

臭豆腐を攻略したくて、「台湾ごはん」はっとりきょうこ著 でおススメしていた店に。
d0145094_2135871.jpg

鴨の血と臭豆腐入りスープ(90元)と魯肉飯 、そして湯青菜を注文。
スープは、躊躇してしまいそうな食材が入っているけど、
騙されたと思って食べてみたら、何とも深~い味なのです。
辛さの中に、ぎゅっとうまみが詰まっていて、鴨の血もぷりぷりしてして、
新鮮なレバーのよう。
d0145094_20463216.jpg

魯肉飯(20元)は、イメージ通り。
八角などの香辛料がきていて、さくっと食べれます。
d0145094_204956.jpg

湯青菜(30元)は、字のごとくさっと湯がいた青菜に、甘辛いソースがかかっています。
d0145094_20514760.jpg

それも美味しくて、寒さもやわらぎます^^
(この日は、冬なみに寒い夜でした)
帰りは夜市を散策して、ホテルの最寄駅の西門へ戻りました。
行列のできていた、から揚げを買って帰りホテルでパクリ。
d0145094_20592280.jpg

このから揚げもそうだけど、八角?などが入ったスパイスを最後にふりかけてくれる。
独特の味だけど、クセになりそう。

明日は、どんな美味しいものに出会うのかしら。


1元=3円(2008.11.29現在)
[PR]
by miisuke1018 | 2008-12-06 21:23 | Trackback | Comments(4)

ほっとする味

2日の夜遅く、台湾から帰って来ました!
日を追うごと、ハマッていく台湾の味。
うしろ髪、ひかれる思いで台湾をあとにしましたが、
帰って来ればひとたび、日本の味が恋しくなっていました。
昨日から、続けて食べている焼き魚。
若狭、小浜「田中平助商店」の干物詰め合わせをいただきました。
こちらの干物は、塩加減や干し具合が良い塩梅で、
自宅用の取り寄せはもちろん、贈答にもよく利用しています。
今晩は、旅館の朝食をイメージして。

小鯛のしょうゆ漬け
d0145094_21531590.jpg

たらこと三つ葉の卵焼き
d0145094_21535683.jpg

ほうれん草としらすのおひたし
d0145094_21543085.jpg


納豆も忘れずに。
やっぱり日本人は、ご飯に味噌汁、お漬物だな。
しみじみ、ほっとするご飯でした。

<今晩の献立>
・小鯛のしょうゆ漬け
・たらこと三つ葉の卵焼き(エンボスフライパンを使って)
・ほうれん草としらすのおひたし
・かぶの浅漬け
・納豆
・玉ねぎと若布の味噌汁

PS.
台湾旅行は、明日から少しずつアップする予定?です!
[PR]
by miisuke1018 | 2008-12-04 22:03 | Trackback | Comments(4)